TOP
コンセプト
デザイン
共用空間
室内空間
間取り
設備・仕様
キッチン設備 サニタリー設備 収納 住環境 マルチメディア ユニバーサルデザイン セキュリティ 共用施設・設備 サービス アフターサービス
構造・防災
基本構造 災害対策 住宅性能表示制度
ロケーション
ロケーション 札幌駅地下歩行空間(チカホ)
アクセス
新幹線・再開発
現地案内図
物件概要
マンション情報ブログ
FAQ
来場予約
資料請求(無料)
TOP

シティタワー札幌 > 新幹線・再開発

北海道新幹線新函館北斗ー札幌間の延伸は、当初計画では、2035年度が予定されていましたが、開業を5年前倒しすることになり、北海道新幹線延伸は、2030年度開業予定となりました。これが完成すると、札幌から東北、関東へと飛躍的にアクセスがスムーズになります。

※出典:北海道新幹線札幌駅ホームに係る懇談会資料(平成30年3月17日)
※札幌市:札幌駅交流拠点先導街区整備基本構想(平成29年2月)

※鳥瞰CGは、JR北海道が作成した札幌駅の新幹線ホーム「修正東側案」のイメージを基に描き起こしたものです。

北海道新幹線札幌駅のホーム位置がJR札幌駅から約300メートル東に離れた案に決まりました。創成川をまたぎ、上下線別々の新幹線ホームを設置して在来線とは連絡橋で結ばれる予定です。また、新幹線延伸を見据えて札幌市では、「札幌駅交流拠点先導街区整備基本構想」をまとめ、JR札幌駅、南北の駅前広場、北5西2のバスターミナル、北5西1街区では高層ビルなどのランドマークを形成する再開発事業も進められています。北5西1の再開発エリアに新幹線の改札口を新設する予定もあり、「シティタワー札幌」からのアクセスも、さらに快適になります。

※出典:北海道新幹線札幌駅ホームに係る懇談会資料(平成30年3月17日)
※札幌市:札幌駅交流拠点先導街区整備基本構想(平成29年2月)

現在、札幌市は多彩な再開発事業が推進中。なかでも北4東1に誕生する「シティタワー札幌」にほど近い、北1西1街区では、現在、札幌市民交流プラザの建設が進み、その中核としてはオフィスや放送局などの民間施設を含む再開発ビル「さっぽろ創世スクエア」が2018年秋に完成予定。このほか、「北4東6」「南2西3」「北2西3」などで次代の都市を創造するさまざまなプロジェクトが進められています。

「シティタワー札幌」から徒歩4分の「さっぽろ創世スクエア」。テレビ局や新聞社などが入るオフィス棟(地上28階・地下5階建て)と、札幌市民交流プラザ(地上9階・地下4階建て)で構成される複合施設です。とくに札幌市民交流プラザの1・2階には札幌文化芸術交流センターと札幌市図書・情報館が、3〜9階には本格的なオペラやバレエが上演できる札幌文化芸術劇場があります。1階のカフェでは図書・情報館の本を持ち込んでコーヒーを楽しめ、2階のレストランではフレンチやイタリアン、スイーツを味わえます。最先端の情報やモノが集まる、札幌都心の新拠点です。

  • ※さっぽろ創世スクエア(北1西1地区) 完成予想図
    [出典:札幌創世1.1.1区北1西1地区市街地再開発組合]
  • ※さっぽろ創世スクエア(北1西1地区) 札幌市民交流プラザ
    [出典:札幌市]

※さっぽろ創世スクエア(北1西1地区) 断面図を加工して作成
[出典:札幌創世1.1.1区北1西1地区市街地再開発組合]

JR「札幌」駅から東へ約1km、「シティタワー札幌」から徒歩7分の「北4東6周辺地区」。住宅、商業、健康・医療・福祉施設に加え、エネルギー供給施設などが集結する複合再開発エリアです。北西側には中央体育館が2019年にオープン予定で、隣接する商業施設「サッポロファクトリー」と空中歩廊で連結されます。東側には医療・福祉施設が整備されるほか、各施設に電気や熱を供給する「エネルギーセンター」も設置。都市と暮らしが調和する、新しい都心が誕生します。

※掲載の地図は一部道路・施設等を抜粋して表記しています。

[出典:札幌市]

札幌のメインストリート・札幌駅前通沿い、「シティタワー札幌」から徒歩6分の「北2西3地区」。札幌駅前通のにぎわい創出や地上地下の回遊性の向上などを進めるために、複合商業施設「シタッテ サッポロ」として再開発されました。札幌駅前地下歩行空間と直結する地下1階から地上2階までは、老舗洋食レストランが手掛けるバルをはじめビストロ・中華・和食の店など、北海道初出店4店舗・新業態3店舖を含む全15店舗が入店。ランチタイムや仕事帰りに、グルメやショッピングを楽しめます。

※平成29年4月撮影

Page Top

来場予約

資料請求

来場予約

資料請求