• 基本構造
  • セキュリティ
  • 災害対策装備
  • 快適提案
  • メンテナンス
  • プライバシー
  • オール電化
  • 基本構造

    住宅性能評価書

    「住宅の品質確保の促進等に関する法律(住宅品質法)」に基づいた、「住宅性能表示制度」による性能評価を受けています。本制度は従来わかりづらかった住まいの性能について、国土交通大臣登録の住宅性能評価機関が同じ基準で、等級(数値)をつけるというものです。

    免震構造(※関電借室(地下)など一部除く。)

    基礎免震構造を採用。積層ゴムとダンパーを用いた免震装置が地震のエネルギーを吸収するため、建物の変形、揺れを抑制します。免震構造の採用により、地震時にも家具などが倒れにくく、怪我などの心配も軽減されます。

    長周期地震動などの大きな揺れにより、家具や照明器具などが 転倒、落下、移動する恐れがあると言われております。ご購入者様には、補強などの措置を講じていただくことを推奨いたします。

    免震装置にゴムシートと鋼板を交互に重ね合わせた積層ゴムである「天然ゴム系積層ゴム支承」と、さらに鉛プラグを挿入した「鉛プラグ挿入型積層ゴム支承」を採用しました。


    ※掲載の概念図は参考であり実際とは異なる場合があります。

    構造躯体

    本物件は住宅性能表示制度における劣化対策等級3[最高ランク]を取得しています。なお、住戸のある建物は構造躯体の耐久性を高めるために、柱・梁・床等の主要な構造部について、設計基準強度(Fc)を約30N/mu〜約60N/muに設定しています。
    ※コンクリートの耐久性は強度が高いほど高くなると言われております。※コンクリートの性質上、乾燥収縮や温度変化による収縮に伴うひび割れが発生する場合があります。(一般的に構造上の問題はありません。)※健全な状態を保つためには、予定されている大規模修繕工事など定期的かつ適切な維持管理が必要となります。
    [劣化対策等級3]
    劣化対策等級3は、構造躯体等について「通常想定される自然条件および維持管理の条件の下で、3世代(概ね75〜90年)まで、大規模な改修を必要とするまでの期間を伸長するために必要な対策が講じられている」ことを認定基準としています。

    Page Top

    来場予約

    資料請求

  • 基本構造
  • セキュリティ
  • 災害対策装備
  • 快適提案
  • メンテナンス
  • プライバシー
  • オール電化
  • 資料請求

     来場予約