大規模7,000m²超の開発面積に
J・アーバン44邸の街が誕生。

大規模7,000m²超の街づくり。
JR総武線各駅停車「新検見川」駅から東京駅まで35分(40分)※2。そんな都心へのアクセスが整った環境と
自然に恵まれた街で、私たちはこの広大な土地と出逢えることができました。
総開発面積約7,000u超、全44邸。千葉市花見川区に、まるで別世界のような新たな風景を創造する「J・アーバン新検見川」をお届けします。

総開発面積はテニスコート約26面分「J・アーバン新検見川」の敷地面積は約7,000u超。これはテニスコート約26面分の広さを誇ります。
しかもそれは駅徒歩圏(JR総武線各駅停車「新検見川」駅へ徒歩15分/約1,160m)という恵まれた立地。その開放的なグランドステージに全44邸の住まいが誕生します。
※2. 日中平常時(カッコ内は通勤時):JR総武線各駅停車利用、「津田沼」駅よりJR総武線快速利用 ※3. テニスコート約26面分とは、本物件敷地面積約7,000uに対しテニスコート1面分あたりの面積約260.8u(23.77m×10.97m)として算出したものです。 GOOD DESIGN賞を受賞した「J・アーバン」デザイン J・URBAN これまでの分譲事例≫ 都市に生活する楽しさ、豊かさ、そして安心。
これまでの住宅のイメージにとらわれずシンプルかつスタイリッシュに。
都市の住まいに求められるものを追求したのが住友不動産の分譲戸建「J・アーバン」です。
「J・アーバン」デザインは注文住宅事業において2003年-2004年、2014年にグッドデザイン賞を受賞。日本の都市邸宅の新しい形として高い評価を受け続けています。

44邸のJ・アーバンが集う「J・アーバン新検見川」
新検見川にJ・アーバン44邸集う、大規模な街づくりが始まります。44の都市型モダン邸宅が共演する新たな風景が暮らしを彩ります。