MENU

ACCESS

image photo

国内から世界へ広がる
グローバルネットワーク拠点。

銀座や丸の内など、都心の主要拠点にも近く、りんかい線、ゆりかもめなどの鉄道網をはじめ、首都高速湾岸線や湾岸道路など、都心直結の道路網、海上交通まで備えている整備されたアクセス。さらに、羽田空港はもとより、成田空港とも高速道路で結ばれ、国内だけでなく、海外の各都市ともつながるグローバルネットワーク拠点として発展を見せている。

広域立地概念図

Railway

りんかい線「国際展示場」駅徒歩4分、都心直結の2駅・2路線利用可能。

りんかい線は埼京線直通運転により、まるで山手線を快速で利用するように「大崎」「渋谷」「新宿」「池袋」など、都心の主要エリアへダイレクトにアクセス。
さらに、「東京」「品川」へのアクセスもスムーズ。アクティブなビジネスシーンをバックアップしてくれる。

徒歩4分のりんかい線「国際展示場」駅より/徒歩3分のゆりかもめ「有明」駅より徒歩4分のりんかい線「国際展示場」駅より/徒歩3分のゆりかもめ「有明」駅より

路線図

徒歩4分のりんかい線「国際展示場」駅より

路線図

徒歩3分のゆりかもめ「有明」駅より

路線図

image photo

image photo

※掲載の所要時間は日中平常時(カッコ内は通勤時)の目安であり、時間帯により多少異なります。また、待ち時間・乗り換え時間を含みません。
※掲載の路線図は一部路線・駅等を抜粋して表記しています。
※掲載の到着時間は、時間帯・交通事情により異なる場合があります。
※掲載の情報は平成29年5月現在のものです。

Shuttle-bus

豊洲駅付近へ居住者専用
シャトルバスを運行(予定)。

雨の日や深夜でも、シャトルバスの利用で安心して快適に帰宅することができる。

概念図概念図

image photo

※本物件入居開始時期に運行していない場合があります。なお、シャトルバスの内容等は計画段階の予定のものであり、将来的な交通規制や関係法令の変更等により今後変更になる場合があります。
※シャトルバスのご利用には、管理組合が発行するチケット(有料)が必要となります。

Bus

東京駅・銀座へ直通の路線バスが運行。

東京駅や老舗・ブランド店が集中する銀座などの都心方面へ、バス1本でダイレクトにアクセスできる。
また、レジャーやショッピングで賑わうお台場や豊洲へも、気軽にアクセス。彩り豊かな暮らしをサポートする。

バス停案内図

バス路線図

羽田・成田の2つの国際空港へリムジンバスが運行。

「羽田空港」と「成田空港」までは近くのバス停からリムジンバスが運行。海外への出張や旅行に気軽に使える。

直通バス運行概念図

※掲載の到着時間は、時間帯・交通事情により異なる場合があります。
※東京都交通局ホームページより(平成29年3月現在)

Car

自在なカーアクセスで都心や横浜へ。

最寄りには3つの首都高速道路インター入口があり、横浜や千葉方面へもスムーズにアクセス。
「臨海副都心(大井JCT方面)」入口(約2.1q)から羽田空港(空港中央出口)まで約8分(約9.4q)。
ビジネスにプライベートに、快適な車利用ができる。

首都高速道路マップ

※掲載の高速道路概念図は、一部、道路・出入口・IC等を抜粋して表記しています。
※高速道路は「ドラぷら(NEXCO東日本)」ホームページにて検索(平成29年3月現在)したものです。所要時間は、時間帯・交通事情により異なる場合があります。

Taxi

都心だからこその手軽なタクシー利用。

image photo

本プロジェクトから銀座まで晴海通りで一直線。都心近接立地だけに、買物帰りや終電後のタクシー利用も手軽に利用できる。

現地からのタクシー料金シミュレーション

※タクシー料金は、初乗り410円の普通車(中型車)を日中時(深夜時は22時〜5時)に一般道で利用した場合の参考例です。タクシー会社・走行ルートおよび交通状況によって料金は異なります。
※タクシーサイトより(平成29年4月調べ)

Water-bus

湾岸ならではの便利な水上バス利用。

東京ビッグサイトから日の出桟橋を経由して、パレットタウン、お台場海浜公園、葛西臨海公園などのレジャー施設へ水上バスが利用可能。
湾岸ならではの優雅なリゾート気分で楽しむことができる。

水上バス路線図

image photo

※東京都観光汽船株式会社ホームページより(平成29年3月現在)

未来に備えた新交通システムを整備。

先進のバス高速輸送システム「BRT」。

image photo

東京都は、都心から臨海部までを結ぶBRT=バス高速輸送システムの計画を進行中。自動走行制御を採用し、新幹線レベルのスムーズな加減速を実現。2019年には新橋駅並びに勝どきを起点にした2系統の路線を運行。2020年以降には虎ノ門も起点に加え、国際展示場を経由するルートを含めた3系統の運行を開始する予定。
※BRT:Bus Rapid Transit の略称。
※掲載の時期等は変更になる場合があります。
※東京都都市整備局「都心と臨海副都心とを結ぶBRTに関する基本計画(平成27年4月)」より(平成29年3月現在)

世界最大級のクルーズ客船に対応する新客船ふ頭ターミナルビルを建設。(現地から約3.4km)

案内図

東京港湾局では、青海地区の「船の科学館(約2,900m)」付近に、世界最大級のクルーズ客船にも対応できる新たな客船ふ頭の整備を進めている。これは2020年に向けたスポーツイベントの開催に合わせて行われるもので、最大22万トン級の客船にも対応できる。

※平成31年度供用開始(想定)(出典:東京都港湾局「東京クルーズビジョン」より。平成26年1月)

都心と臨海副都心を結ぶ「環状第2号線」。

有明から新橋、虎ノ門、そして神田に至る都市計画道路「環状第2号線」は現在豊洲から新橋までの区間が整備中。これにより環状第2号線は全区間が開通することになり、中央区や港区と道路網が結ばれることで都心部へのアクセスがさらに向上。通勤やレジャーなど、より快適な利用が可能となる。
(完成時期未定)

概念図

※1:「(仮称)臨海副都心有明大規模複合開発プロジェクト」とは、都市計画決定された「有明北3-1地区」全体(有明北3-1-A街区、有明北3-1-B街区、有明北3-1-C街区)を表現したものであり、総開発敷地面積約10.7ha(地区整備計画区域面積約16.6ha)は平成13年1月〜平成29年4月までに民間単独企業が行う住宅・商業複合開発において東京都で最大規模です。(平成29年5月現在MRC調べ)なお、本物件販売対象は有明北3-1-A街区(ペデストリアンデッキ敷地を除く)となります。事業主・住友不動産株式会社による有明北3-1-B街区(平成32年3月竣工予定)、有明北3-1-C街区(平成38年3月竣工予定)の施設建築物は本物件ではありません。
※掲載の広域立地概念図は一部路線・駅等を抜粋して表記しています。また、建物位置・高さ・距離・縮尺等は実際とは異なります。
※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出し、端数を切り上げたものです。
※掲載施設の完成および開業時期等は変更になる場合があります。

Page Top

物件に関するお問い合わせはこちら

▼お電話でのお問い合わせ▼

お問い合わせは
「総合マンションギャラリー東銀座館」

0120-432-863

営業時間
平日 午前11時〜午後8時/土日祝 午前10時〜午後8時
(水曜日定休・年末年始休業)
※携帯電話・PHSからもご利用になれます。

▼メールでのお問い合わせ▼

ariake2@j.sumitomo-rd.co.jp

アクセス|シティタワーズ東京ベイ|住友不動産の新築分譲マンション|東京都江東区|りんかい線「国際展示場」駅、ゆりかもめ「有明」駅利用|新築分譲マンション|すみふ有明

資料請求

来場予約