予告広告 本広告
予告広告 本広告
TOP
コンセプト
デザイン
共用空間
室内空間
間取り
現地案内図
物件概要
マンション情報ブログ
FAQ
来場予約
資料請求(無料)
TOP

シティハウス朝霞本町 > 設備・仕様 > プライバシー&メンテナンス

一部住戸には、防音性に配慮し、遮音性能T-3〜T-2相当のサッシュを採用。外部から侵入する音の低減に配慮しています。
※詳細は係員にお尋ねください。※A棟バルコニー側のみ。
[サッシュの遮音性能等級とは]
T-4T-1で表わされ、等級値(T-値)が大きいほど、遮音性に優れています。なお、サッシュ性能値はJISで定められた測定環境で測定した値であり、実際に取り付けられた住戸では、その性能値と異なる場合があります。
一部住戸の開口部には、遮音性に優れた防音合わせガラスを使用しています。2枚のガラスの間に特殊中間膜(フィルム)をはさむことによって、高い防音性能を発揮します。
※詳細は係員にお尋ねください。
※T-3相当サッシュ部のみ。
一部住戸には、室外の給気口に、外部からの騒音に対する防音性能を備えた、防音フードを採用しました。
※詳細は係員にお尋ねください。
※A棟バルコニー側一部のみ。
住戸間の戸境壁は、鉄筋コンクリート造とし、厚さ約180mmを基本としています。これは、日本工業規格が定める遮音等級Rr-50以上を確保した仕様で、隣戸との遮音性に配慮しています。
「Rr」とは、日本工業規格に規定する音響透過損失等級(空気伝搬音の遮断の程度)を表す指標で、例えば住宅品質法の性能表示制度では「Rr-50等級以上」の場合には、4等級中上から2番目の等級3(「優れた空気伝搬音の遮断性能が確保されている程度」)に位置付けられています。
住戸内の間仕切り壁は厚さ約9.5oのプラスターボード貼としていますが、居室(リビング・ダイニング・洋室)が直接バスルーム・パウダールーム・トイレ・貫通パイプスペースと接する場合は、遮音に配慮し、プラスターボード等を片側に1枚増し貼りし、二重貼りとしています。
※一部除く。
重量床衝撃音対策として、住戸間のコンクリートスラブ厚は約200mm〜約230mmを確保し性能を高めています。
※1階住戸除く。
同レベルの音であっても生活する時間帯などにより、音の感じ方には個人差があります。本物件では遮音性に配慮しておりますが、居住者様がお互いに音に対するマナーを守り、快適なマンションライフをお過ごしいただくことが大切となります。
居室には、振動を吸収するクッションゴムを支持脚に装備し、儉L(U)-3等級相当(メーカー表示)の遮音性能を備えた二重床構造を採用しました。
※遮音性能値(儉等級)は、JISで定められた測定方法で測定した値であり、実際の住戸内での遮音性を示すものではありません。
同レベルの音であっても生活する時間帯などにより、音の感じ方には個人差があります。本物件では遮音性に配慮しておりますが、居住者様がお互いに音に対するマナーを守り、快適なマンションライフをお過ごしいただくことが大切となります。

住友不動産では、「お客様センター」・「アフターサービスセンター」・「設備管理センター」を開設し、原則お引渡し後2年間にわたり24時間365日体制(夜間および日・祝日は受付のみ)で、アフターサービス業務規準に基づくお客様へのアフターサービスに対応しています。お引渡しの3ヵ月後・1年後・2年後を目安に、お客さまのご指摘事項および不具合箇所の点検・修理を実施。また、漏水などの緊急事態にも、フリーダイヤルにてお電話での受付対応をします。
※お電話での受付窓口は「お客様センター」となります。
フリーダイヤル 0120-093-155
配管の点検や各種メンテナンスなどの維持管理をしやすくするために各所に点検口を設けています。
居室を二重床・二重天井とすることで、配管・配線のコンクリートスラブへの打込みを減らし、将来のリフォームやメンテナンスへの対応に配慮しています。
通常のアフターサービス期間(お引渡し後通常2年間)終了後、ご自身で対応されることとなる住まいのトラブル対応、住宅設備機器のメンテナンス等をお引渡しより10年間サポートします。
※詳しくは係員にお尋ねください。
※アフターサービス業務規準における補修項目と異なります。 詳しいサービス内容は利用規約をご覧ください。

※掲載の写真はモデルルーム(D type)を撮影(平成28年11月)したもので、家具・調度品等オプション仕様は販売価格に含まれておりません。
※モデルルームの仕様等は、施工上の都合・改良等により一部変更になる場合があります。※設備・仕様はタイプにより異なります。

来場予約

資料請求


資料請求

来場予約