第1期1次(優先分譲住戸) 第1期2次(一般分譲住戸)
TOP
コンセプト
共用空間
室内空間
間取り
現地案内図
物件概要
マンション情報ブログ
FAQ
来場予約
資料請求(無料)
TOP

シティハウス東池袋 > ロケーション > 生まれ変わる池袋東口

躍動する東池袋では、複数のプロジェクトが進行中。躍動する東池袋では、複数のプロジェクトが進行中。

都内屈指のビックターミナル「池袋」駅前に広がる東口の商業施設は、大都市東京の
ダイナミズムを体現するエリアです。また、都心における大規模民活プロジェクトの先駆けとして誕生した
「サンシャインシティ」をはじめ、池袋は東京をリードする街でもあります。
「池袋」駅西口駅前ロータリーの整備に続き東口エリアは、複数の開発プロジェクト※1・2が進み、
ますます注目が高まっています。

新たな商業施設のオープン、副都心線、東横線との相互運転開始など、これまで進化を続てきた「池袋」は、これからも開発プロジェクトが進行中。都市としてのさらなる可能性を秘めています。

新たな商業施設のオープン、副都心線、東横線との相互運転開始など、これまで進化を続てきた「池袋」は、これからも開発プロジェクトが進行中。都市としてのさらなる可能性を秘めています。

  • WACCA池袋(約1,070m・徒歩14分)
  • エチカ池袋(約1,670m・徒歩21分・自転車9分)
  • エソラ池袋(約1,710m・徒歩22分・自転車9分)
「池袋」の進化の歩み
東池袋エリア概念図

明るく広い歩道の整備で、夜道も安心。

延長約3.5kmの都市計画道路補助81号線※1は、現在、南池袋四丁目から東池袋五丁目の区間で事業が進められ、平成28年度末には都電荒川線の線路を真ん中に幅員約25mの歩車分離の道路が開通します。道路の開通により、「東池袋」駅までの距離も近くなり、街灯も整備され夜道も明るくなります。

整備前/整備後の概念図

訪れる方みんなが楽しめる豊島区新庁舎。

現在、豊島区新庁舎※2の整備が着々と進んでいます。「区民のみなさんに開かれた区役所」をめざし、1階にはイベントや行事に最適な多目的スペースや9階まで吹き抜けのアトリウムを。その他にも回廊美術館、屋上庭園を整備予定。身近に感じられる区役所となります。

豊島区新庁舎イメージ図(出典:豊島区ホームページ)

※掲載の東池袋エリア概念図は、一部道路・施設等を抜粋して表記しています。また、立地状況を説明するための概念図であり、建物位置・高さ・距離・縮尺等は実際とは異なります。

※1 補助81号線(事業完了予定:平成28年3月末)出典:豊島区公式ホームページ(平成26年9月現在)
※2 豊島区新庁舎(平成27年5月開業予定)、南池袋二丁目A地区市街地再開発事業(事業完了予定:平成27年度末)出典:豊島区公式ホームページ(平成26年9月現在)

※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として、自転車分数表示については200mを1分として算出し、端数を切り上げたものです。

※掲載の写真は、平成26年9月撮影。

※掲載の情報は平成26年9月現在のものです。また、店舗の内容は将来変わる場合があります。

※掲載の航空写真は巣鴨2丁目付近上空から南西方面を撮影(平成26年6月)したものに現地部分の光などCG合成加工したものです。また、周辺環境は将来変わる場合があります。

Page Top

来場予約

資料請求

資料請求

来場予約