[トップ]シティテラス国立 > コンセプト > 文教都市

  • プレミアムアベニュー
  • 文教都市
  • 意匠美の邸
  • 国立文教プレミアム
〜 歴史x伝統x格式x上質x知性x四季が融合する文教都市 〜
ここには、邸宅地として大切に守り育まれてきた伝統や、歴史ある校舎と瀟洒な邸宅が並ぶ格式があります。そして、文化人たちの食を満たしてきた老舗と名店から漂う上質な香りや、大学通り周辺の名門校が醸し出す知性、さらに、武蔵野の面影を彷彿とさせる美しい四季があります。「シティテラス国立」の周辺には、まさに文教都市・国立のプレミアム立地と呼ぶにふさわしい環境が広がっています。

    ※掲載の立地概念図イラストは立地状況を説明するために航空写真[JR南武線「谷保」駅北口付近上空から北方面を撮影(平成26年3月)]を基に描き起こした立地概念図イラストであり、建物位置・高さ・距離・縮尺等は実際とは異なります。また、周辺環境は将来変わる場合があります。
    ※1「国立文教プレミアム」とは、(1)現地とJR「国立」駅の間の駅アプローチ周辺の一部が、第1種・第2種文教地区に指定されている、(2)その周辺に一橋大学(約910m)、桐朋学園(約700m)などの教育施設が集まっている、(3)国立市が街づくりのテーマに「文教都市」を掲げている。(出典:「まちづくり奮戦記〜国立文教地区指定とその後〜」/発行:くにたち郷土文化館)という点における立地の特性を売主がイメージしたものです。
    ※2.本物件敷地南側接面道路の国立市道富士見台第6号線(さくら通り)は、国立市により以下に示す道路改修工事が予定されております。主な内容:(1)車道車線減少、(2)自転車道新設、(3)既存植栽(桜・いちょう)の交互配置および植替え。これら内容は、本立地概念イラスト制作時(平成26年4月)において未整備であり、掲載の内容は平成26年度に完成する予定イラストとなります(本物件建物竣工予定:平成27年2月下旬)。なお、整備予定時期・整備内容は今後変更となる場合があります。またこれら整備工事に伴い、騒音・振動・粉塵などが発生する場合があり、かつ工事完成後本物件の周辺環境(道路・交通状況・騒音等)が変わる場合がありますので予めご了承ください。

    Page Top

    来場予約

    資料請求

    資料請求

    来場予約