[トップ]シティテラス国立 > 構造・防災 > 安全性

  • 基本構造
  • 安全性
  • 万が一のときも住まう方に安心な住まい。/安全性

    地震時に最寄階に自動停止するエレベーター安全装置
    エレベーター運転中に、地震管制装置が一定値を超えた地震の初期微動(P波)・主要動(S波)を感知すると、最寄階に速やかに停止します。また、停電した際には一旦停止後、停電時自動着床装置により、最寄階に自動停止し、さらに、天井の停電灯が点灯してエレベーター内を照らす他、インターホンが使用できるので、外部との連絡も可能です。
    地震などの非常時のために防災備品
    地震などの非常時に備え、防災備品をご用意しました。初期共助に使用する救助用工具セット、救助用ロープ、スコップ、防塵マスクなどを備えています。また、災害時のライフサポート備品として救急箱、携帯電話充電・懐中電灯機能付き手回し充電ラジオ、カセットガス発電機、非常用ロウソク、飲料水用の折りたたみ式給水ポリタンク、災害保存用飲料水、災害用簡易トイレなども備えています。
    各戸にお渡しする防災リュック
    お引渡し時に各戸へ防災リュックをお渡しします。難燃加工が施された非常持出袋に、災害保存用飲料水、長期保管が可能なパンの缶詰、防塵マスクに軍手、コンパクトサイズのサイレン付ラジオライト(電池付)、防寒効果があるので毛布やオーバーコートの代わりとして使えるレスキューシートが備えられています。


    災害時の安心・安全をサポート防災対策の手引
    災害時に慌てることなく行動できるよう、住友不動産建物サービス(株)より「防災対策の手引」をお引渡し時にお渡しします。災害時伝言ダイヤルなどの緊急連絡先一覧や、ご家庭で備える防災備品のチェックリスト、避難経路の図示など、災害時の安心・安全をサポートします。


    共用部

    戸外への避難路を確保する対震ドア枠
    万一の地震時に、玄関扉の枠が歪んでも、枠と扉の隙間を大きく設けることにより、扉の開放を容易にできるように配慮した対震ドア枠を採用しました。
    火災を自動で知らせる自動火災報知設備
    火災が発生した際、周囲に知らせるための自動火災報知設備が共用部の各所に設置されています。
    ※火災によっては自動火災報知設備が作動しない場合があります。

    停電時の電力供給に対応する非常用発電機
    地震などの災害時に万一停電しても、共用部の一部設備[エレベーター1台、共用部照明の一部、共用部オートドアの一部、住戸への給水など]を約48時間(法規制0.5時間含む)稼動させるため、非常用発電機から電力を供給します。
    ※被災の状況により電力を供給できない場合があります。※稼動時間は燃料満載時前提です。また使用状況により稼動時間が変わる場合があります。※火災信号が入った場合には、法的な防災設備の稼動が優先されます。


    災害時に役立つ非常用マンホールトイレ
    災害時に敷地内の特定のマンホールのフタを外して簡易トイレ(非常用マンホールトイレ)を設置するだけですぐに利用できます。
    停電時でも利用可能な災害救援ベンダー
    一般的な自動販売機は、災害などの停電時に販売停止状態となってしまいますが、マンション内に設置された災害救援ベンダーは管理者が非常時開錠操作をすることで、停電時でも利用可能となります。災害時に必要となる飲料水を無料で確保できます。
    ※停電時は冷却加温装置および蛍光灯は作動しません。


    劣化を軽減する水・セメント比
    災害発生時、万一エレベーターや階段から避難できない場合、バルコニーを通って下に降りられるよう各階バルコニーの必要箇所に避難ハッチを設けました。避難ハッチのない住戸は、バルコニーの隔板を破って同一階で移動することにより、避難ハッチを利用することができます。
    ※他の避難経路が設定されている一部住戸を除きます。
    劣化を軽減する水・セメント比
    棟間のつなぎにはエキスパンションジョイントを採用しました。複雑な平面形の建物を整形な形のゾーンに分割。エキスパンションジョイントでつなぐことにより、地震時による揺れで無理な力が部分的に集中しないよう配慮しています。


    東京の液状化予測図による液状化の可能性が低い地域
    「シティテラス国立」が建設される地域は平成26年5月現在の東京都土木技術支援・人材育成センターのホームページにある「東京の液状化予測図」によると『液状化の可能性が低い地域』に分類されています。
    ※あくまでも東京都土木技術支援・人材育成センターが過去の地震などに基づき作成した液状化予測によるもので、今後の地震で液状化が発生しないことを保証するものではありません。※「東京の液状化予測図」は今後変更される場合があります。
    万一の際に安心な避難所
    「シティテラス国立」から徒歩8分(約620m)の国立第五小学校は、国立市が指定した災害時に一時的な生活の場を提供するための避難所となっています。また徒歩2分(約140m)の谷保第三公園は、地震・火災などの一時的な危険から避難する場所として東京都が指定した避難場所です。(平成26年5月現在)

    ※掲載の地図は一部道路・施設等を抜粋して表記しています。


    災害時などの避難経路に配慮したオートドアガラス
    災害時などに安全に避難できるようグランドエントランス、コーチエントランス、サウスエントランスには強化ガラスを採用(一部除く)しました。強化ガラスは衝撃に強く割れにくい上に、万一割れた場合でも破片の角が鋭利にならないという特徴があります。
    火災の拡大を防ぐ消火器
    火災が発生した時、移動して消火活動ができる消火器が共用部の各所に設置されています。


    給水ポンプが停電で停止しても水を使える1階共用部[共用トイレ、外部散水栓、集会室洗面所、ゴミ置場]
    ※被災の状況により水が使えない場合があります。
    安全に避難するための非常用照明
    ※避難経路の一部のみ。


    火災の拡大を防ぐ屋内消火栓
    火災が発生した時、初期消火を行うことができる屋内消火栓が共用部の各所に設置されています。
    火災時の消火に役立つ防火水槽
    万一の火災に備えて、消防隊の迅速な消火活動をバックアップするために、地下に約100tの水を貯めることができる防火水槽を設置しています。


    専有部

    火災を警報と自動通報で知らせる火災感知器
    火災感知器は、万一火災などが発生した場合、非常事態を住戸インターホン等から室内外に知らせると同時に、信号が管理事務室を経由して警備会社および設備管理センターへ自動通報されます。
    ガスの立ち消えに対応するガスコンロ立ち消え安全装置
    3口コンロと魚焼きグリルは、立ち消え安全装置が付いています。火が消えるとガスが自動遮断されます。


    地震の揺れで収納物が落下しないようにする耐震ラッチ
    キッチンの吊戸棚、洗面化粧台の三面鏡収納の扉には、地震の揺れによって扉が開いて、収納物が落下しないように、耐震ラッチを設置。住まう方の安全に配慮しています。さらに棚板が外れないように棚板脱落防止用ツメで棚板をしっかり固定しています。
    ガス漏れを警報と自動通報で知らせるガス漏れ検知器
    万一ガス漏れが発生した場合は、ガス漏れ検知器が作動。まわりにお住まいの方にも異常をお知らせするとともに、管理事務室を経由して信号が警備会社および設備管理センターへ自動通報されます。


    温度が上がりすぎるのを防ぐ天ぷら油過熱防止機能
    3口コンロには天ぷら油過熱防止装置が付いています。油が一定温度にまで上昇すると、自動的にガスを止めます。
    ガスの消し忘れに対応するガスコンロ消し忘れタイマー
    3口コンロと魚焼きグリルには、それぞれ一定時間で自動的にガスを止め、ブザーでお知らせする安全装置が付いています。


    停電時・地震発生時に自動点灯する地震保安灯
    停電時や地震などの大きな揺れを感知すると、ライトが自動点灯する地震保安灯を採用しました。コンセントから取り外せば非常時の携帯灯としても使用できます。さらに、スイッチを入れるとブザー音が鳴るサイレン機能も付いています。
    家具の転倒を予防するための家具固定用下地補強
    万一の地震時による家具転倒予防として、洋室・キッチンの一部の間仕切壁などに家具固定用下地補強を施しました。壁面の一部分にある下地補強に家具を固定することで家具が倒れにくくなり、住まう方の安全に配慮された仕様です。
    ※住戸タイプにより設置されない洋室がある場合があります。また、設置箇所は異なります。詳細は係員にお尋ねください。※取付金具は別途お客様のご負担となります。

    ※掲載の写真はモデルルーム(C-E2タイプ/メニュープラン)を撮影(平成26年5月)したもので、家具・調度品等オプション仕様は販売価格に含まれておりません。
    ※掲載の参考写真は本物件のモデルルームを撮影したものではありません。※設備・仕様はタイプにより異なります。

    Page Top

    来場予約

    資料請求

    資料請求

    来場予約