TOP
コンセプト
デザイン
共用空間
室内空間
マンションギャラリー・現地案内図
物件概要
マンション情報ブログ
FAQ
来場予約
資料請求(無料)
TOP

STRUCTURE 基本構造 STRUCTURE 基本構造

住宅性能評価書

  • 「住宅の品質確保の促進等に関する法律(住宅品質法)」に基づいた、「住宅性能表示制度」による性能評価を受けています。本制度は従来わかりづらかった住まいの性能について、国土交通大臣登録の住宅性能評価機関が同じ基準で、等級(数値)をつけるというものです。

    ●住宅性能評価書の種類

    評価書には、設計図書の段階で評価した結果をまとめた「設計住宅性能評価書」と、施工段階と完成段階の現場での検査を経て評価した結果を記載した「建設住宅性能評価書」の2種類があります。

    設計住宅性能評価書のマーク
  • ●住宅性能表示は項目毎に等級や数値等で表示

    住宅品質法による住宅性能表示制度では項目ごとに等級、数値および設計内容等が表示されます。等級が高いほど、性能が高いということです。ただし、これらの性能のなかには「耐震」の項目で高い等級がついても、梁や柱、壁を強くしているために、窓などが小さくなり、開口率などを表わす「光・視環境」の項目では高い数値にならない、という関係もあるため、あくまでも、住まい選びの「目安」として、ご活用ください。

  • 住宅性能評価項目
    ※「音環境に関すること(選択項目)」、「空気環境に関すること」のなかの「室内空気中の化学物質の濃度等(選択項目)」および「温熱環境・エネルギー消費量に関すること」のなかの「一次エネルギー消費量等級(選択項目)」については、評価を取得しておりません。あらかじめご了承ください。
    ※詳しくは係員にお尋ねください。
  • 構造躯体

    構造躯体

    住戸のある建物は構造躯体の耐久性を高めるために、柱・梁・床等の主要な構造部について、設計基準強度を約30N/mm²〜約36N/mm²に設定しています。JASS5ではコンクリートの耐久設計基準強度約24N/mm²で、計画供用期間の級:標準となります。また、本物件は住宅性能表示制度における劣化対策等級3[最高ランク]を取得しています。

    ※杭を除く。別棟と付属構造物を除く
    ※コンクリートの耐久性は強度が高いほど高くなると言われております。
    ※コンクリートの性質上、乾燥収縮や温度変化による収縮に伴うひび割れが発生する場合があります。(一般的に構造上の問題はありません。)
    ※健全な状態を保つためには、予定されている大規模修繕工事など定期的かつ適切な維持管理が必要となります。
    [耐久設計基準強度]
    構造体および部材の計画供用期間に応ずる耐久性を確保するために必要とするコンクリートの圧縮強度の基準値です。日本建築学会「JASS5(建築工事標準仕様書・同解説)」(平成27年版)において、耐久設計基準強度24N/mm2は、計画供用期間の級:標準(計画供用期間としておよそ65年)と定められています。
    [劣化対策等級3]
    劣化対策等級3は、構造躯体等について「通常想定される自然条件および維持管理の条件の下で、3世代(概ね75〜90年)まで、大規模な改修を必要とするまでの期間を伸長するために必要な対策が講じられている」ことを認定基準としています。
  • 戸境壁

    戸境壁

    住戸間の戸境壁は、鉄筋コンクリート造とし、厚さ約180o〜約200oを基本としています。これは、日本工業規格が定める遮音等級Rr-50以上を確保した仕様で、隣戸との遮音性に配慮しています。

    ※C-Dタイプ間、C-Erタイプ間除く。

    「Rr」とは、日本工業規格に規定する音響透過損失等級(空気伝搬音の遮断の程度)を表す指標で、例えば住宅品質法の性能表示制度では「Rr-50等級以上」の場合には、4等級中上から2番目の等級3(優れた空気伝搬音の遮断性能が確保されている程度)に位置付けられています。
  • 溶接閉鎖型帯筋

    溶接閉鎖型帯筋

    主要な柱部分には帯筋の接続部を溶接した、溶接閉鎖型帯筋を採用しました。工場溶接による安定した強度の確保によって、地震時の主筋のはらみ出しを抑制して、コンクリートの拘束力を高めます。

    ※柱と基礎梁の接合部を除く。
    ※別棟と付属構造物を除く。
  • ダブル配筋

    耐震壁の鉄筋は、コンクリートの中に二重に鉄筋を配したダブル配筋を採用しています。シングル配筋に比べより高い耐震性を確保します。

    ダブル配筋
  • 乾式耐火遮音壁

    隣の住戸との間には、耐火性・遮音性に配慮した、厚さ約159oの乾式耐火遮音壁を採用しました。

    ※詳細は図面集をご確認ください。
    ※C-Dタイプ、C-Erタイプ間のみ
    乾式耐火遮音壁
  • 水・セメント比

    住戸のある建物はコンクリートの耐久性を高めるため、柱・梁・床などの主要な構造部について、セメントの重量に対する水の重量の割合を50%以下に設定しています。水セメント比が小さくなるほど、耐久性が大きくなる傾向があると言われています。

    ※杭は除く。別棟と付属構造物を除く

    二重天井

    居室を二重天井とすることで、配管・配線のコンクリートスラブへの打込みを減らし、将来のリフォームやメンテナンスへの対応に配慮しています。

Page Top

来場予約

資料請求

資料請求

来場予約

資料請求

来場予約

メールでのお問い合わせ