フォレストパーク完成予想図
linee

全362邸・総開発面積約13,000u超・空地率約60% 横浜市市街地環境設計制度利用 圧巻のランドスケープ

美しい景観を創るパティオとホテルライクな車寄せが、この街に相応しい大規模レジデンスならではの象徴となります。

美しい景観を創るパティオとホテルライクな車寄せが、この街に相応しい大規模レジデンスならではの象徴となります。 横浜市市街地環境設計制度※1することで、壮大な敷地で緑の潤いに溢れる、圧巻のランドスケープを実現しました。

■敷地配置イラスト
外観完成予定図

地域に貢献し、潤いと安らぎをもたらす壮大な環境設計

敷地全体のプランニングは、「緑」「子育て」「防災」をテーマとして地域の街づくりに貢献する「横浜市市街地環境設計制度※1」を導入し、建物の高さや容積率が緩和された壮大な環境設計を実現しました。

敷地全体のプランニングは、「緑」「子育て」「防災」をテーマとして地域の街づくりに貢献する「横浜市市街地環境設計制度※1」を導入し、建物の高さや容積率が緩和された壮大な環境設計を実現しました。 街並を一新させる大規模レジデンスならではの、潤い溢れる緑、安心できる子育て環境、安全に配慮した防災拠点を備え、ここでしか得られない豊かな安らぎをもたらします。

景観を潤いで包みこむ「緑」の広がり

邸館の象徴となるパティオ(公開空地)
季節の訪れを愉しむフォレストパーク(自由利用空地)

安心して利用できた「子育て」環境

安全で便利な敷地内の認可保育園※2
豊かな交流を育むペアレンツサロン&キッズスペース

地域の方々と連携した「防災」拠点

非常時の暮らしに備えた災害対策
地域交流の役割を担う集会室
  • ※1. 横浜市市街地環境設計制度とは、敷地内に歩道や広場(公開空地)を設けるなど、総合的な地域貢献を図ることを条件に、建築物の高さや容積率を緩和することで、良好な市街地環境の形成を誘導する制度のことです。[ 出典元:横浜市ホームページ「横浜市市街地環境設計制度」(平成28年4月現在)]
  • ※2.平成30年4月開園予定。なお、開園時期については今後変更となる場合があります。また、入居時期に開園しておりません。予めご了承ください。保育園(認可)は、マンション入居者の優先入園を保証するものではなく、保育園が定員に達している場合は入園自体ができないため、入園を確約するものではありません。また、サービス内容等は変更となる場合があります。予めご了承ください。
  • ※掲載の敷地配置イラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは多少異なります。また、一部敷地外の道路等を合わせて着彩しています。
  • ※本物件の敷地の一部は公開空地となっており、居住者以外の第三者が通行することとなります。
  • ※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。また、形状の細部および設備機器等については省略しております。
  • ※敷地内の樹木等はある程度生育した後をイメージして描いたものです。また、葉や花の色合い、樹形等はイメージであり実際とは異なります。なお、植栽計画は変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • ※一部敷地外(街路樹等)を合わせて着彩しています。また、周辺建物を概略ラインのみ表現しています。
  • ※建物等の状況がわかりやすいよう、電柱等を透視して描いています。※周辺環境は将来変わる場合があります。
  • ※外構・植栽計画、家具・調度品等の形状・色等は今後変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
Page Top