Location

航空写真(平成27年8月撮影)

都市と自然が調和する、総面積約2,530haの規模を誇る計画都市「港北ニュータウン」。

港北ニュータウン 横浜市六大事業 歩車分離 グリーンマトリックスシステム

港北ニュータウンは、横浜市の大規模都市計画「横浜市六大事業※1」のひとつとして構想されました。「歩車分離」や「グリーンマトリックスシステム」などの先進的なプランに基づいて計画的な街づくりがおこなわれ、都市と自然が調和した美しい街に発展。暮らしやすく魅力あるエリアとして、さらなる成長が期待されています。

仲町台の街並み
  • ※1:横浜市六大事業/ 1.都心部強化事業(みなとみらい21 造成) 2.港北ニュータウン建設事業 3.金沢地先埋立事業 4.高速鉄道(地下鉄)建設工事 5.高速道路建設事業 6.横浜港ベイブリッジ建設事業
  • 出典元:横浜市政策局ホームページより(平成27年12月現在)

「港北ニュータウン」3つのポイント

充実の都市機能
貴重な緑の保存
歩車分離の動線計画
グリーンマトリックスシステム概念図

豊潤な緑が街をつなぐ「グリーンマトリックスシステム」

緑の環境を最大限に保存するまちづくり ふるさとをしのばせるまりづくり 安全なまちづくり 高い水準のサービスが得られるまちづくり

港北ニュータウンは「緑の環境を最大限に保存するまちづくり」「"ふるさと"をしのばせるまりづくり」「安全なまちづくり」「高い水準のサービスが得られるまちづくり」という4つの基本方針によって計画的に開発されました。約90ヘクタール=東京ドーム19個分もの緑地が保存され、なかでも総延長が15kmに及ぶ緑道は、駅(商業地域)〜住宅地〜学校〜公園を安全な遊歩道で結び、港北ニュータウンらしい景観をつくっています。

せきれいの道[約60m/徒歩1分]
せせらぎ公園[約470m/徒歩6分]
茅ヶ崎公園[約280m/徒歩4分]

都筑区の緑ランキング

[1位]緑道の数が5本(総延長約15kmで日本最大!)
[2位]区域面積に占める公園の割合(金沢区約9.55% 1位 都筑区約5.74% 2位 旭区約5.44% 3位)
[3位]都市公園面積 約1,601.358u
(金沢区約2,929.031u 1位 旭区約1,783.953u 2位)

※1横浜市ホームページより(平成27年12月現在)※2横浜市の都市公園のデータ集より(平成26年3月31日現在)※3平成26年度版都筑統計要覧より(横浜市18区中)(平成27年12月現在)

つぎつぎにオープンする大規模複合商業施設

阪急・モザイクモール 港北TOKYUショッピングセンター YOTSUBAKO サウスウッド プレミアヨコハマ

観覧車がシンボルとなっている阪急・モザイクモールや映画館もある港北TOKYUショッピングセンターをはじめYOTSUBAKO、サウスウッド、プレミアヨコハマなど、個性的な商業施設がつきつぎにオープンし、横浜市内有数のショッピングエリアを形成しています。

都築阪急・モザイクモール港北[約2,020m/徒歩26分]
港北TOKYUショッピングセンター[約1,280m/徒歩16分]
プレミアヨコハマ[約1,990m/徒歩25分]
サウスウッド[約1,130m/徒歩15分]
YOTSUBAKO[約1,880m/徒歩24分]

横浜市(18区内)で暮らしやすさNo.1に選ばれた都筑区。

住環境と都市機能性がバランスされた暮らしやすい街として、高く評価されています。

港北ニュータウンのある横浜市都筑区は、都心利便性の高い横浜市の中でも特に東京に近いエリア。住環境と都市機能性がバランスされた暮らしやすい街として、高く評価されています。

暮らしやすさ1位
丘陵地に広がる自然林を活かした茅ヶ崎公園
  • まちなみなどの景観の良さ1位
  • 病院・医院の近さ1位
  • ふだん買い物をする場所の近さ1位
  • 緑やオープンスペースの豊さ2位
  • 保育園や公園などの子育て環境の良さ2位
  • 学校、図書館など教育・学習環境の良さ2位
  • 飲食やショッピングの便利さ2位
  • 遊びや余暇活動の便利さ2位
  • 防犯・防災などの安心さ2位

※平成26年度横浜市民意識調査より(平成27年12月現在)

20年間人口が増え続ける都筑区

人口減少社会にあって、都筑区は平成7年から平成27年まで20年間にわたって人口が増え続けています。返金年齢は40.40歳で横浜市18区中で最も若く、1世帯あたりの人員も2.64人で最も高いことから子育てファミリー層に支持された将来性豊かなエリアであることがわかります。

人口減少社会にあって、都筑区は平成7年から平成27年まで20年間にわたって人口が増え続けています。返金年齢は40.40歳で横浜市18区中で最も若く、1世帯あたりの人員も2.64人で最も高いことから子育てファミリー層に支持された将来性豊かなエリアであることがわかります。

※平成26年度版都築統計要覧より(平成27年12月現在)

都筑区の人口の推移
  • ※掲載の航空写真は横浜市都筑区茅ヶ崎南3丁目付近付近上空から東方面を撮影(平成27年8月)したものに現地部分の光などCG合成・加工をしたものです。また、周辺環境は将来変わる場合があります。
  • ※掲載の概念図は都筑区の資料(平成27年11月時点)を基に描き起こしたもので、一部道路・施設を抜粋して表記しています。
  • ※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出し、端数を切り上げたものです。
  • ※掲載の写真は平成27年5〜10月撮影。※掲載の情報は平成27年12月現在のものです。※店舗の内容は将来変わる場合があります。
Page Top