外観完成予想図
  • ※掲載の外観完成予想図は現地付近上空から北西方向を撮影した航空写真(平成28年2月撮影)にCG処理を施し、計画段階の図面を基に描き起こした建物完成予想図をCG合成したもので実際とは異なります。形状の細部および設備機器等については省略しております。

東京のサウスゲート「品川」駅より直線距離約4.3q圏の都心近接エリア。

世界に向けた東京の新たな玄関口であり、国際都市として大きく変貌を遂げつつある品川エリア。

世界に向けた東京の新たな玄関口であり、国際都市として大きく変貌を遂げつつある品川エリア。既に「品川」駅は、リニア中央新幹線の停車駅に決定し、JR山手線「品川」駅〜「田町」駅間に誕生する新駅の整備が進み、さらに国際便が増便した羽田空港へのアクセスも良好なことから、新たな東京の時代を開くエリアとして注目されています。

大森海岸航空写真
将来性を秘めた「品川」駅の発展の歴史
  • ※掲載の航空写真は湾岸エリア一帯を撮影(平成27年5月撮影)したものに現地部分の光などCG合成・加工をしたものです。また、周辺環境は将来変わる場合があります。
  • ※1 掲載の距離はJR「品川」駅高輪口から現地までの地図上の概測直線距離です。

世界に躍動する東京の中核として発展する品川エリア。

世界に躍動する東京の中核として発展する品川エリア。

東京と名古屋の間を現行の約88分から約40分に短縮する驚異的なスピードを誇るリニア中央新幹線のターミナル駅が、東海道新幹線「品川」駅に併設されることが発表されました。

東京と名古屋の間を現行の約88分から約40分に短縮する驚異的なスピードを誇るリニア中央新幹線のターミナル駅が、東海道新幹線「品川」駅に併設されることが発表されました。今後も交通の要衝としてさらなる発展が期待されています。

新幹線イメージ
  • ※「リニア中央新幹線」/工事完了予定:平成39年
    出典元:リニア中央新幹線ホームページより(平成26年10月現在)

JR山手線「品川」駅〜「田町」駅間に新駅設置。

JR山手線「品川」駅〜「田町」駅間に、山手線・京浜東北線が停車する新駅が2020年に暫定開業する予定です。

JR山手線「品川」駅〜「田町」駅間に、山手線・京浜東北線が停車する新駅が2020年に暫定開業する予定です。品川車両基地を見直し、新駅前には人・駅・地域をつなぐ魅力ある街づくりの検討が進められています。

新駅予定地
  • ※「田町駅〜品川駅間・新駅設置およびJR品川車両基地開発」/暫定開業予定:平成32年
    出典元:東日本旅客鉄道株式会社ホームページより(平成26年12月現在)

国際的拠点を目指すアジアヘッドクォーター特区。

多国籍企業及びこれに従事する外国人のビジネス環境と生活環境を整備することにより、多くの企業が集積する東京に、外国企業のアジア統括拠点及び研究開発拠点を誘致することを目標としています。

多国籍企業及びこれに従事する外国人のビジネス環境と生活環境を整備することにより、多くの企業が集積する東京に、外国企業のアジア統括拠点及び研究開発拠点を誘致することを目標としています。

  • ※「アジアヘッドクォーター特区」/平成23年制度開始、平成24年9月認定
    出典元:内閣府ホームページより(平成26年12月現在)

空の玄関口・羽田の国際線が大幅増便。

羽田空港はビジネス・観光両面の都市間競争力を大幅強化。

羽田空港はビジネス・観光両面の都市間競争力を大幅強化。平成26年3月末より、国際便をこれまでの10路線13便から17路線23便に増便。国際都市の玄関口としての開発が推進されています。

空港イメージ
  • ※出典元:国土交通省ホームページより(平成26年12月現在)
Page Top