TOP
コンセプト
デザイン
共用空間
室内空間
間取り
現地案内図
物件概要
マンション情報ブログ
FAQ
来場予約
資料請求(無料)
TOP

シティハウス与野ステーションコート > ロケーション > さいたま新都心生活圏

進化するさいたま新都心が生活圏

進化するさいたま新都心が生活圏

立地概念イラスト

さいたまの新たな顔となる、さいたま新都心を使いこなすポジション

進化を続けるさいたま新都心。

進化を続けるさいたま新都心。 進化(※1)を続けるさいたま新都心。大型商業施設「コクーンシティ」やコンサートなどでにぎわう「さいたまスーパーアリーナ」、季節感あふれるくつろぎの空間「ケヤキ広場」などが生活圏の中にあります。

コクーンシティ

買い物する女性

国内外のアパレルショップ、レストラン、シネマコンプレックス、スーパーマーケットなど多彩な施設と274店舗を有する「コクーンシティ」。

国内外のアパレルショップ、レストラン、シネマコンプレックス、スーパーマーケットなど多彩な施設と274店舗を有する「コクーンシティ」。
3つの棟で構成され、多くの人で賑わう大型複合商業施設で、グルメやショッピングを堪能するライフスタイルが実現します。
DJANGO BANQUET(カフェ)や Little Eggs(オムライス)ほか、約60店以上の飲食店が集積しています。

コクーン123

コクーン1

「コクーン新都心」として2004年に開業したエリアで、紀伊國屋書店、ライフ&グルメアリーナ、フードバザー(フードコート)、シネマコンプレックスのMOVIXさいたまをキーテナントとして、100の専門店とレストランが入居する。営業面積は約23,000u。

コクーン3

2015年7月に開業したエリアで、「ヨドバシカメラさいたま新都心駅前店」をキーテナントとして、スポーツ用品店のVictoriaSPORTSMALL、植物・ペット専門店のMULBERRY GARDENと2のレストランが入居する。営業面積は約18,000u。

コクーン2

2015年4月に開業したエリアで、「イトーヨーカ堂」をキーテナントとして、164の専門店とレストランが入居する。営業面積は約35,000u。イベントなどを行う「コクーンひろば」や、フードコートの「コクーンキッチン」と、レストラン街「コクーンダイニング」がある。コクーン1とコクーン2はデッキで繋がっており、駅から地上に降りる事なく入店できる。

さいたまスーパーアリーナ

現地より約1,550m・20分

「さいたまスーパーアリーナ」は、2000年(平成12年)9月にオープンした県有の多目的ホール。

「さいたまスーパーアリーナ」は、2000年(平成12年)9月にオープンした県有の多目的ホール。 客席、天井、床が可動式となっており、客席数は最大約37,000席使用可能。
スポーツイベント、コンサート、見本市会場、講演会など大小さまざまな規模の催し物に対応しています。 また、建物内には、「ゴールドジム」「NHK文化センター」なども併設されています。

さいたまスーパーアリーナ写真

ケヤキ広場

現地より約1,550m・20分

さいたま新都心の中心に位置する賑わいとふれあいの空間です。

さいたま新都心の中心に位置する賑わいとふれあいの空間です。さいたまスーパーアリーナに隣接し、 JRさいたま新都心駅につながる2階の人工地盤上に埼玉県の木けやきが立ち並び、新しい自然の空間を創出します。 また、季節感あふれるオープンスペースと、駅近の立地を生かし、年間を通して様々なイベントが開催されています。

ケヤキ広場写真

ケヤキ広場のイベントスケジュール

ケヤキ広場のイベントスケジュール

※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出し、端数を切り上げたものです。
※掲載の写真は平成27年8月〜9月撮影。 ※掲載の情報は平成27年12月現在のものです。
※掲載の立地概念イラストは立地状況を説明するための概念図であり、建物位置・距離・縮尺等は実際とは異なります。
※1: 「埼玉県立小児医療センター」と「さいたま赤十字病院」が一体移転(平成28年度開院予定/出典:さいたま赤十字病院ホームページ「新病院建設のお知らせ」より)
複合施設「(仮称)さいたま新都心ビル」(平成27年5月着工、平成29年初夏開業予定)。開業は遅れる場合がございます。また、計画内容は変更となる場合がございます(平成27年9月現在)/出典:JR東日本プレスリリース(平成26年11月5日)

Page Top

来場予約

資料請求

資料請求

来場予約