TOP
コンセプト
デザイン
共用空間
室内空間
間取り
設備・仕様
構造・防災
ロケーション
アクセス
現地案内図
物件概要
マンション情報ブログ
FAQ
来場予約
資料請求(無料)
TOP
災害対策設備
基本構造
災害対策設備
基本構造
基本構造 耐震等級〔2〕※1 シティハウス用賀一丁目は、耐震等級〔2〕を取得しています。
第三者機関による客観的かつ公正な評価 住宅性能評価書

「住宅の品質確保の促進等に関する法律(住宅品質法)」に基づいた、「住宅性能表示制度」による性能評価を受けています。本制度は従来わかりづらかった住まいの性能について、国土交通大臣登録の住宅性能評価機関が同じ基準で、等級(数値)をつけるというものです。

●住宅性能評価書の種類
評価書には、設計図書の段階で評価した結果をまとめた「設計住宅性能評価書」と、施工段階と完成段階の現場での検査を経て評価した結果を記載した「建設住宅性能評価書」の2種類があります。

設計住宅性能評価書のマーク

●住宅性能表示は項目毎に等級や数値で表示
住宅品質法による住宅性能表示制度では項目ごとに等級や数値が表示されます。等級が高いほど、性能が高いということです。ただし、これらの性能のなかには「耐震」の項目で高い等級がついても、梁や柱、壁を強くしているために、窓などが小さくなり、開口率などを表わす「光・視環境」の項目では高い数値にならない、という関係もあるため、あくまでも、住まい選びの「目安」として、ご活用ください。

住宅性能評価項目

※「音環境に関すること(選択項目)」および「空気環境に関すること」のなかの「室内空気中の化学物質の濃度等(選択項目)」については、評価を取得しておりません。あらかじめご了承ください。 ※詳しくは係員にお尋ねください。

安定した基礎 直接基礎

建物の床下を鉄筋コンクリートで固め、地表近くの地盤で建物を面で支える「直接基礎」を採用しています。地下深くに杭を打ち込み、建物を点で支える杭基礎とは異なり、建物直下で面的に建物を支える、安定した基礎構造です。

直接基礎 概念図
構造強度を高める ダブル配筋

耐震壁の鉄筋は、コンクリートの中に二重に鉄筋を配したダブル配筋を採用しています。シングル配筋に比べより高い耐震性を確保します。

ダブル配筋 概念図
遮音性に配慮した 間仕切り壁

住戸内の間仕切り壁は厚さ約9.5oのプラスターボード貼としていますが、居室(リビング・ダイニング・洋室)が直接バスルーム・パウダールーム・トイレと接する場合は、遮音に配慮し、プラスターボード等を片側に1枚増し貼りし、二重貼りとしています。

間仕切り壁 概念図
耐火性、遮音性に配慮した 乾式耐火遮音壁

隣の住戸との間には、耐火性・遮音性に配慮した、厚さ約136oの乾式耐火遮音壁を採用しました。

※一部住戸間(1階65Agタイプ・65Bgタイプ、2階85Dg・85Cg・80Fg・80Egタイプ、3・4階85D・85C2・80F・80Eタイプ)は鉄筋コンクリート。※詳細は図面集をご確認ください。※建築確認申請上は、地上3階地下1階建となりますが、パンフレット図面集等販売上の階数表示および住戸番号は地上4階建で表記しています。

乾式耐火遮音壁 概念図
儉L(U)-3等級相当の遮音性能を備えた 二重床

居室には、振動を吸収するクッションゴムを支持脚に装備し、儉L(U)-3等級相当の遮音性能を備えた二重床構造を採用しました。

効果的に外からの視線を遮る 可動ルーバー面格子

共用廊下側の窓に、羽板が可動式で角度調節が可能なブラインドタイプのルーバー面格子を採用しました。お好みにより光や風を調節しながら効果的に外からの視線を遮ることができ、プライバシー性と防犯性を高めます。

劣化を軽減する 水・セメント比

住戸のある建物はコンクリートの耐久性を高めるため、柱・梁・床などの主要な構造部について、セメントの重量に対する水の重量の割合を50%以下に設定しています。水セメント比が小さくなるほど、耐久性が大きくなる傾向があると言われています。

外部からの騒音を軽減する サッシュ

住戸には、防音性に配慮し、遮音性能T-2相当のサッシュを採用。外部から侵入する音の低減に配慮しています。

※詳細は係員にお尋ねください。
[サッシュの遮音性能等級とは]T-4〜T-1で表わされ、JISに定められた試験によって判定されます。等級値(T-値)が大きいほど、遮音性に優れています。

基本構造
耐震等級〔2〕※1
耐震等級〔2〕※1

※耐震等級(構造躯帯の倒壊等防止)
地震に対する構造躯帯の倒壊、崩壊等のしにくさを表し、極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震力が建築基準法で定められており、これに耐えられる物を等級1
としています。等級は1から3まであり、等級2は等級1で耐えられる地震力の1.25倍の力に対して倒壊や崩壊しない程度を示しています。

第三者機関による客観的かつ公正な評価 住宅性能評価書

「住宅の品質確保の促進等に関する法律(住宅品質法)」に基づいた、「住宅性能表示制度」による性能評価を受けています。本制度は従来わかりづらかった住まいの性能について、国土交通大臣登録の住宅性能評価機関が同じ基準で、等級(数値)をつけるというものです。

●住宅性能評価書の種類
評価書には、設計図書の段階で評価した結果をまとめた「設計住宅性能評価書」と、施工段階と完成段階の現場での検査を経て評価した結果を記載した「建設住宅性能評価書」の2種類があります。

設計住宅性能評価書のマーク

●住宅性能表示は項目毎に等級や数値で表示
住宅品質法による住宅性能表示制度では項目ごとに等級や数値が表示されます。等級が高いほど、性能が高いということです。ただし、これらの性能のなかには「耐震」の項目で高い等級がついても、梁や柱、壁を強くしているために、窓などが小さくなり、開口率などを表わす「光・視環境」の項目では高い数値にならない、という関係もあるため、あくまでも、住まい選びの「目安」として、ご活用ください。

住宅性能評価項目

※「音環境に関すること(選択項目)」および「空気環境に関すること」のなかの「室内空気中の化学物質の濃度等(選択項目)」については、評価を取得しておりません。あらかじめご了承ください。 ※詳しくは係員にお尋ねください。

安定した基礎 直接基礎

建物の床下を鉄筋コンクリートで固め、地表近くの地盤で建物を面で支える「直接基礎」を採用しています。地下深くに杭を打ち込み、建物を点で支える杭基礎とは異なり、建物直下で面的に建物を支える、安定した基礎構造です。

直接基礎 概念図
構造強度を高める ダブル配筋

耐震壁の鉄筋は、コンクリートの中に二重に鉄筋を配したダブル配筋を採用しています。シングル配筋に比べより高い耐震性を確保します。

ダブル配筋 概念図
遮音性に配慮した 間仕切り壁

住戸内の間仕切り壁は厚さ約9.5oのプラスターボード貼としていますが、居室(リビング・ダイニング・洋室)が直接バスルーム・パウダールーム・トイレと接する場合は、遮音に配慮し、プラスターボード等を片側に1枚増し貼りし、二重貼りとしています。

間仕切り壁 概念図
耐火性、遮音性に配慮した 乾式耐火遮音壁

隣の住戸との間には、耐火性・遮音性に配慮した、厚さ約136oの乾式耐火遮音壁を採用しました。

※一部住戸間(1階65Agタイプ・65Bgタイプ、2階85Dg・85Cg・80Fg・80Egタイプ、3・4階85D・85C2・80F・80Eタイプ)は鉄筋コンクリート。※詳細は図面集をご確認ください。※建築確認申請上は、地上3階地下1階建となりますが、パンフレット図面集等販売上の階数表示および住戸番号は地上4階建で表記しています。

乾式耐火遮音壁 概念図
儉L(U)-3等級相当の遮音性能を備えた 二重床

居室には、振動を吸収するクッションゴムを支持脚に装備し、儉L(U)-3等級相当の遮音性能を備えた二重床構造を採用しました。

効果的に外からの視線を遮る 可動ルーバー面格子

共用廊下側の窓に、羽板が可動式で角度調節が可能なブラインドタイプのルーバー面格子を採用しました。お好みにより光や風を調節しながら効果的に外からの視線を遮ることができ、プライバシー性と防犯性を高めます。

劣化を軽減する 水・セメント比

住戸のある建物はコンクリートの耐久性を高めるため、柱・梁・床などの主要な構造部について、セメントの重量に対する水の重量の割合を50%以下に設定しています。水セメント比が小さくなるほど、耐久性が大きくなる傾向があると言われています。

外部からの騒音を軽減する サッシュ

住戸には、防音性に配慮し、遮音性能T-2相当のサッシュを採用。外部から侵入する音の低減に配慮しています。

※詳細は係員にお尋ねください。
[サッシュの遮音性能等級とは]T-4〜T-1で表わされ、JISに定められた試験によって判定されます。等級値(T-値)が大きいほど、遮音性に優れています。

※設備・仕様はタイプにより異なります。※掲載の参考写真は本物件と同等仕様のモデルルーム(インペリアルガーデン)および同仕様の設備・仕様写真を使用したもので、本物件のものではありません。
※設備・仕様については、建築確認取得プランを記載しています。メニュープランの設備・仕様については、住戸タイプ図をご確認いただくか、別途係員にお問合せください。

Page Top

来場予約

資料請求

災害対策設備
基本構造
災害対策設備
基本構造

資料請求

来場予約