グッドデザイン賞とは

グッドデザイン賞は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する総合的なデザイン評価・推奨制度です。1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創立された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」を母体として設立され、豊かな生活と産業の発展を求めて「よいデザイン」を選ぶ活動を50年以上も展開。「デザインの力」をもって、豊かな生活を築きあげ、産業の健全な発展を導いていこうとする制度であり、有形有無を問わず人によって生み出されるものや活動が対象となります。

2016年 グッドデザイン賞 受賞

シティテラス吉祥寺南(東京都武蔵野市)

シティテラス吉祥寺南
撮影日 2015年11月

武蔵野の住まいの魅力は、広大な緑地と静けさにある。

本物件では、その魅力を十分に享受できるよう低層の住棟構成とし、外部から住戸の開口部までの空間を緑の多層レイヤーに置き換えることで、周囲の森と“一体化”することを目指した。住棟のセットバック部分には当社開発のマット植栽を設置、さらに更地の際、元々敷地に生えていた木々を保存し移植することにより建物内部にも緑が入り込み、外部の森と共生し続ける住居を作り上げることができた。

SKY TIARA Residence in Forest (スカイティアラ)(東京都板橋区)

スカイティアラ
撮影日 2015年7月

街に開かれた森

16,000u超の広大な敷地を擁した本計画では、約4,800uの緑豊かなオープンスペース及び空地64%の開放感あふれる環境を提供。
また、前面道路から建物をセットバックすることで、採光、通風を実現し、緑地がバッファゾーンとなり外部からの視線を感じさせない作りとなっている。

アイタワー(福岡県福岡市)

スカイティアラ
撮影日 2016年5月

街に開かれた森

「I TOWER」が目指したのは、住まう方そして、訪れる人々の交流が生まれる拠点の創造です。「コミュニティガーデン」をはじめ、「アイマルシェ」や「アイパーク」など、敷地のさまざまな場所に、人と人のシーンをつなぐ工夫を施しています。

(事業主体/西日本鉄道株式会社、株式会社NIPPO、住友不動産株式会社)

プレミアム・J 前橋みなみ(群馬県前橋市)

プレミアム・J 前橋みなみ
撮影日 2015年5月

街の一部になるNew離れ

プライバシーを重要視した家づくりや防犯性を考慮した街づくりを推しすすめるあまり、街の中には憩いの場がなくなり、地域のコミュニティーが閑散としつつある。本物件では、元来、敷地の奥にあるべき「離れ」をおもてへ出し、街の一部となるべくデザイン。母屋との間に生まれた路地空間がコモンスペースとしての離れをさらに実用的かつ魅力的なものへと昇華させ、さらに、プライベート空間を2階にまとめ、開口部を可動建具で守ることによって、無理なく街へ開くことを可能とした。

J・アーバンIII 赤羽(東京都北区)

J・アーバンIII 赤羽
撮影日 2014年7月

外でゆるく、軽やかにつながる。だからずっと続けられる。

一般的に2世帯住宅は、親世代が1階、子世帯が2階となる場合が多いが、生活時間帯が異なるため、生活音が問題となるケースが多々発生してきた。本物件では、それぞれの領域を縦にはっきりと分割し、お互いのプライベートゾーンには あえて立ち入ることが出来ないようにした。その上で、互いに繋がる部分を主に外部空間や半外空間に設定することで、程良い距離感を常に確保。これがこれからの都市型2世帯住宅のカタチであると考えている。

プレミアム・J 横浜第一(神奈川県横浜市)

プレミアム・J 横浜第一
撮影日 2016年5月

開放的に暮らすための、視線コントロール術

都心部では隣棟間隔が狭く、道路からの距離も短い。その環境の中でいかに開放的で住み心地のよい空間を作り出せるのか、というのは都心住居の最大のテーマである。本物件では、視線制御された半外空間を間に挿入し、さらに開口位置に工夫を凝らすことで、外部からの視線を徹底的にコントロール。都心部であっても窓を大きく開放し、光や緑などの外部は積極的に取り込むが、視線は取り込まないという方法で開放的な住み心地を作り出した。

新築そっくりさん

新築そっくりさん
 

次の100年も地域と共に刻む出雲崎の家

家屋は本来、世代を超えて住み継ぐことが可能であり、そこには新築にはない「社会的ストック」として使い続けることの奥深さと、「世代を超えて家を育むこと」の楽しみがあります。次の100年も地域と共に刻んでいける家にしたい、というオーナー様の思いを現代の技術によって実現しました。

これまでの受賞作品

2015年度グッドデザイン賞受賞

シティハウス二子玉川
都心にほど近い密集住宅地の一角において最大限外部の豊かさを享受する為、外部空間とリビングが一体的に使える工夫を施した。

撮影日 2015年5月

2015年度グッドデザイン賞受賞

シティハウス文京小日向
本計画は敷地周辺が建物に囲まれることが多い都市型低層共同住宅のプロトタイプである。

撮影日 2014年5月

2015年度グッドデザイン賞受賞

グランドヒルズ春山
当該建物は、緑溢れる居住環境の良い立地において、シンプルにその良さを住環境に結び付けられるかを考えた共同住宅の提案である。

撮影日 2015年5月

2015年度グッドデザイン賞受賞

SKYZ TOWER&GARDEN
生物多様性の実現を目指したランドスケープや地中熱利用による環境対策、最新の免制震システムによる防災対策を施し、開放感と心地よさ、眺望の良さを感じられる日本では珍しいトライスター型タワーマンションである。

撮影日 2015年3月

2013年度グッドデザイン賞受賞

シティテラス西荻窪
ツインコリダー型の住棟配置のマンションにおける新しい提案である。中庭部分が駐車場となる無機質な計画が一般的であるところ,森を計画することにより住民の生活の質に資するものとした。

撮影日 2013年7月

2013年度グッドデザイン賞受賞

シティハウス中野レジデンス
幹線道路と住宅地のあいだの街区を開発する場合、一般的には幹線道路側のデザインルールが生活道路側にも回り込む結果、高さは抑えられつつも水平方向に長く連続したファサードが形成される。

撮影日 2013年7月

2012年度グッドデザイン賞受賞

S-マルチコア
マンション外廊下の美観。快適性のうえで不快要素となっている室外機やメーター類の設備機器をひとつのシャフトに格納したマルチコアの提案です。
 

2012年度グッドデザイン賞受賞

Interior-Balcony LDM
都心型マンションにおける新たな間取りの提案です。コンパクトでも広く使える間取りを実現し、プライバシーに配慮して適度に閉じられつつも開放感のある空間。

2011年度グッドデザイン賞受賞

シティハウス新宿戸山(東京都新宿区)
山手線内側。高台の完成な住宅街に建つ全40邸。新宿戸山の高台に建つ擁壁を活かしたモダンな外観デザインは、洗練の邸宅美学が薫る、美しいレジデンスです。

撮影日 2011年3月

2010年度グッドデザイン賞受賞

グランドヒルズ八事広路町(愛知県名古屋市)
豊かな自然の保全を前提としつつ、自然素材を用いて程よく管理された地域空間を創造。小さな子どもから高齢者まで、誰もが安心して豊かに暮らせる開発を実現。

撮影日 2009年10月

2008年度グッドデザイン賞受賞

シティテラスさいたま新都心(埼玉県さいたま市)
大規模な共用空間と共に充実したテラスや歩道を計画。空を映し出す巨大スクリーンのようなファサードが特徴。街並への圧迫感を軽減し、景観との調和を追求。

撮影日 2007年12月

2007年度グッドデザイン賞受賞

WORLD CITY TOWERS(東京都港区)
入居者目線に立った新しい発想で開発。ダイレクトスカイビューやミニマムバルコニーを採用。斬新なガラスの箱のような外観をデザイン。

撮影日 2006年11月

2006年度グッドデザイン賞受賞

目白ガーデンヒルズ(東京都豊島区)
柱と梁を無くした免震フラットプレート構造を採用。垂直な壁のモチーフが緩やかにカーブする南側の道路に合わせてつづら折りになるファサードを実現。

撮影日 2006年3月

2003年度グッドデザイン賞受賞

神宮前シティタワー(東京都渋谷区)
ファサードにDPG工法によるガラスのスクリーンを吊り、奥行き約4mの半屋外的アトリウム空間を設置。住戸内はユーザーの要望に応じるフリープランとして設定。

撮影日 2002年2月

戸建の受賞作品

2014年度グッドデザイン賞受賞

Court Hills Jindaiji
日本では敷地を個人が所有する為、塀等の強い境界により各敷地の中で建物やコミュニティーが完結しがちである。当該建物では、建売住宅だからこそ可能な新しい街並を提案。

撮影日 2013年8月

2014年度グッドデザイン賞受賞

Premium J 青山
都市部は良好な環境が少なく、外部を遮蔽した生活になりがちである。本計画では、都心部住居特有の近接した住環境でも、プライバシーに配慮しながら外部へ開く「オープンな都市型住宅」をテーマとし、検討を重ねた。

撮影日 2013年10月

2014年度グッドデザイン賞受賞

Premium J 長岡
ハウスメーカーとして、豪雪地域の特性に答えた新しい戸建住宅の提案である。

撮影日 2013年10月

2013年度グッドデザイン賞受賞

J-Residence
この作品に貫かれているコンセプトは、日本独特の理性と感性のバランスである曖昧性の美しさを表現することである。

撮影日 2012年6月

2007年度グッドデザイン賞受賞

J・URBAN CRISTA
シンボリックな黒い壁とコンクリートの白が織り成すコントラスト。そして陽光に輝くガラスが光にきらめくフォルムが、住む方の思いを自由へと開放します。

撮影日 2009年1月

2006年度グッドデザイン賞受賞

J・URBAN COURT
洗練されたコンテンポラリーデザインと日本の伝統的な造形美を融合させたフォルムが、郊外の街並のなかでシャープな個性を主張。

外観完成予想図

2005年度グッドデザイン賞受賞

J・URBAN III
家屋の密集、土地の制約や閉塞感、耐震、耐火への対応力など、過密化する都市の住まいが抱える多くの課題への「美しき回答」。

外観完成予想図

2003年度グッドデザイン賞受賞

J・URBAN
進化を重ねる都市部の景観にふさわしい、ファサードにガラスをふんだんに組み込んだ斬新なフォルム。

撮影日 2005年12月

※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。
※敷地内の樹木等はある程度生育した後をイメージして描いたものです。葉や花の色合い、樹形等はイメージであり実際とは多少異なります。また植栽計画は変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。