2×4工法

住友不動産の2×4工法はここがすごい!

その性能は、歴史が証明しています。

2×4工法は、19世紀初頭にアメリカで誕生しました。1833年、シカゴに建てられたセント・メリー教会がその始まりと言われています。北米大陸の厳しい自然から生活を守るために生み出した2×4工法は、現在ではアメリカ・カナダの木造住宅の90%以上を占めています。

ツーバイフォーという名前の由来は、構造製材として、2インチ×4インチの規格材が最も多く使われていることからつけられました。日本で生まれた和製英語で、正式名称は、日本では「枠組壁工法」、アメリカでは「プラットフォーム・フレーム工法」です。

日本に2×4工法が入ってきたのは、明治のはじめのこと。札幌の時計台や豊平館など、2×4工法で建てられた建築物は、100年以上経た現在でも、美しい姿で立っています。

札幌時計台/イメージ写真

札幌時計台/イメージ写真

2×4工法は合理的でシステマチックな工法です。

イメージ写真

2×4工法は、構造材や釘・金物のサイズ・使用方法・使用箇所から施工の手順まできめ細かく規定され、枠組壁工法住宅工事仕様書(監修:住宅金融支援機構)などでマニュアル化されているので、施工者の技量に左右されることなく、どの住宅にも均一な品質と性能を実現します。それに対して、在来軸組工法は構造指針があいまいで、施工者の技量により品質が大きく左右されます。

住友不動産は、いち早く2×4工法に取り組み始めました。

1972年、日本ではまだ一般的に認知されていなかった頃に、住友不動産は2×4工法発祥の国アメリカに現地法人を設立。本場の技術を磨き、ノウハウを蓄積しました。1995年の阪神淡路大震災で「全半倒壊ゼロ」という耐震性への信頼を柱として、阪神淡路大震災支援の企画商品をきっかけに事業を拡大させています。

2×4 HISTORY