2×4工法

さまざまな性能を発揮する、独自のテクノロジー。

外壁パネルを加えることで、耐震性能約30%アップを目標としています。

スーパーパワーウォール構法の特長 スーパーパワーウォール構法の特長 スーパーパワーウォール構法の特長

モルタルの約半分の重量で耐震性を向上させました。

  • 1棟あたりの外壁重量
  • 阪神・淡路大震災における窯業系外壁材の被害
  • 断熱性、防・耐火性、遮音性など、住まいの性能も同時にアップします。

    躯体と外壁パネルの間に通気層を設け、屋外に湿気を放出する「外壁通気工法」により住まいの耐久性が向上します。また、外壁パネルの強度により断熱性、防・耐火性、遮音性もいっそう高まります。

    素材は、国土交通省認定の不燃材です。

    SPW構法で使用している外壁材は、国土交通省認定の不燃材であり、構造材として準耐火構造・防火構造の認定を取得しています。これにより、住宅金融支援機構融資や特約火災保険料※が有利になる場合もあります。
    ※諸条件により異なります。くわしくは係員にお問い合わせください。
    ※保険料の割引は将来変更となる可能性があります。

  • 外壁通気概念図