コートヒルズの震災対策

コートヒルズは高い耐震性の2×4工法。2×4工法の強さの秘密は6面体構造。長期優良住宅仕様の「耐震等級3」

木造軸組工法が、建物を柱や梁といった線や点で支えるのに対し、2×4工法の家は、床面、壁面、天井(屋根)面の6つの面で支える壁構造をしています。各面は枠組材と構造用商材が一体化したダイヤフラムと呼ばれるパネルで形成されており、それぞれの面を結合して6面体構造とすることで、地震や台風などの外力を各面に効率よく分散させることができます。荷重が一点に集中することがなく、どのような方向からの外力に対しても建物全体でバランスよく受け止めることができ、優れた耐震性を発揮します。長期優良住宅仕様で耐震等級「3」の性能を有しています。

コートヒルズが2×4工法にこだわる理由。阪神・淡路大震災の実績

阪神・淡路大震災では、家屋の全壊約10万100棟、半壊と一部損傷を含めた数は約28万9000棟にも及びました。
しかし2×4住宅の被害は軽微であり、住友不動産の2×4住宅においては、全半壊ゼロ、該当地区727件のほとんどが無傷でした。2×4住宅の高い耐震性の理由には、建物自体の軽さと、2×4独自の構造があります。地震力は、建物の重量に比例して作用が大きくなり、軽ければ反対に小さくなります。2×4住宅は、鉄骨やコンクリートの家よりも軽い木の家です。さらに、地震の力を建物全体で受け止め分散させる構造なので、大きな地震力に対して高い耐震性能を発揮します。

このページのトップへ