シティタワー長町新都心トップ > 構造・防災 > 免震構造

構造・防災

  • 免震
  • 基本構造
  • 災害対策装備
  • 災害復旧実績
  • 揺れに対する分散効果で、さらなる安心を。大林組の先進技術を駆使した免震構造「O-MIC(オーミック)D」を初採用。

    人を守ることは幸せな光景を創ること、住まいを守ることは暮らしの象徴を築くこと。
    人が暮らしていく上で、何ものにも変えがたい末永い安心と安全の提供を目指し、
    先進、かつ確かな技術を結集し、新都心に新しいシンボルを創る。

    揺れに対する分散効果で、さらなる安心を。大林組の先進技術を駆使した免震構造「O-MIC(オーミック)D」を初採用。

    「シティタワー長町新都心」は、さらなる安心・安全のために、大林組独自の先進技術である2棟連結免震構造「O-MIC(オーミック)D」を仙台で初めて採用。建物の損傷や住居内の家具の転倒などを抑制する免震装置を1階と2階の間に配置する中間層免震構造に加え、南棟と東棟を20階、22階の床レベルでオイルダンパーにより連結しています。これにより、建物の揺れが一体化するとともに東西南北どの方向からの揺れに対しても低減効果を発揮し、地震発生時の建物の安全性を高めます。また、免震装置を1階と2階の間に配置することで1階の垂直方向に開放感が生まれるほか、1階の階高と免震構造の高さにより2階住戸が通常のマンションの3階相当となり、防犯・プライバシーの強化にもつながります。

    先進の免震構造。

    Page Top

    来場予約

    資料請求

    資料請求

    来場予約