シティタワー あすとレジデンシャル > 仙台圏 住みたいエリアランキング2017

仙台圏 住みたいエリアランキング2017 第1位 ※インサーチ仙台調査
仙台駅まで1駅で行ける未来の街。
JR東北本線の高架化・仙台空港アクセス鉄道の開業により、飛躍的に交通利便性の高まったあすと長町。特に、JR長町駅はアクセス鉄道により運行本数が増加し、もともと運賃が安かった・仙台駅まで1駅という利便性が評価され地下鉄長町駅よりも利用者が多くなっています。この利用者増に呼応する形でtekuteながまちが開業、さらに駅前の利便性が高まりました。こうした近年の発展が評価されていることが、下記アンケートでも浮き彫りになっており、他エリアと比較しても相対的にあすと長町が住みたい街として支持を集めています。 仙台駅まで1駅で行ける未来の街。
JR東北本線の高架化・仙台空港アクセス鉄道の開業により、飛躍的に交通利便性の高まったあすと長町。特に、JR長町駅はアクセス鉄道により運行本数が増加し、もともと運賃が安かった・仙台駅まで1駅という利便性が評価され地下鉄長町駅よりも利用者が多くなっています。この利用者増に呼応する形でtekuteながまちが開業、さらに駅前の利便性が高まりました。こうした近年の発展が評価されていることが、下記アンケートでも浮き彫りになっており、他エリアと比較しても相対的にあすと長町が住みたい街として支持を集めています。
住みたい街に関するアンケート
Q. 今後、住宅を購入すると仮定した場合、仙台近郊で住みたいエリアはどこですか?
→住みたいエリアでは、「あすと長町エリア」が1位、次いで「仙台東口エリア」「泉中央エリア」、都心と副都心に人気が集中。
Q. 重視したポイントは何ですか?(3つまで)
→エリア選定のポイントは、「買い物施設との近さ」「仙台中心部との近さ」が圧倒的に多くなっている。
あすと長町エリアを選んだ人と仙台駅東口エリアを選んだ人の比較
→「あすと長町エリア」は「買い物施設との近さ」や「総合病院との近さ」「長町南エリアとの近さ」において、「仙台駅東口エリア」より数値が高くなっている。
進化の象徴は、南の副都心にある。 進化の象徴は、南の副都心にある。

航空写真

約82haの壮大な街
「あすと長町」に
新たな象徴が誕生する。

楽天生命パーク宮城(宮城球場)約61個分という
広大な敷地を有する
「仙台市あすと長町土地区画整理事業」。
エリア内では計画的な街づくりが行われ、
美しい街並みと良好な住環境、
そして多くの商業・公共・医療・
福祉・エンターテインメント施設が揃う
副都心へと成長を遂げてきた。

21世紀都市・仙台を実現する
新しい市街地モデルとして
位置づけられる
「あすと長町」。

あすと長町 まちづくりコンセプト
    		にぎわい・くらし── ヒューマンスケールの新環境都市
    		【目標1】環境と共生するまちづくり
    		【目標2】多様な機能が融合するヒューマンスケールのまちづくり
    		【目標3】協働による持続的なまちづくり あすと長町 まちづくりコンセプト
    		にぎわい・くらし── ヒューマンスケールの新環境都市
    		【目標1】環境と共生するまちづくり
    		【目標2】多様な機能が融合するヒューマンスケールのまちづくり
    		【目標3】協働による持続的なまちづくり

3つの目標を基に、公園やショッピング施設、医療施設、住宅などが調和する新しい街づくりが進められた「あすと長町」。街、住まい、人を育み、未来を創る。環境共生や市民生活の質を重視した副都心として、今後の進化がますます期待されています。

出典:仙台市、UR都市機構
「仙台市あすと長町土地区画整理事業 事業誌」(2013年7月発行)

※掲載図は仙台市・UR都市機構「仙台市あすと長町土地区画整理事業」事業誌(2013年7月発行)の情報を基に、その他施設の情報を加えて構成したものです。
本図は一部道路・施設等を抜粋して表記しています。

計画的につくられた美しい街並。

美しい街並形成のためにJR東北本線の高架化・
電線の地中化・公園の整備といった
大規模なインフラ整備が実施されました。

電線を地下へ。
空が広く、美しく見える工夫。

電線を共同溝により、歩道上にある電線や電柱等を歩道地下に収容。電柱を廃した街並を実現し、快適な歩行空間を確保いたしました。

あすと長町大通り:概念図

※あすと長町大通り:概念図

あすと長町大通り沿い

imagephoto

imagephoto

広い歩道、
安全性に配慮した街づくり。

あすと長町大通りは、段差や傾斜の少ないユニバーサルな街を目指して、空間にはイチョウ並木を配し、四季の景観を演出。広々とした道路が歩道と自動車の分離を実現。安心できる住環境としました。

歩道スペース:概念図

※歩道スペース:概念図

あすと長町大通り沿い

imagephoto

imagephoto

JR東北本線の高架化で
東西市街地が一体化。

東北本線の高架化により、JR長町駅の東西に分かれていた市街地の一体化が実現。4本しかなかった東西を結ぶ道路が16本にまで増え、アクセスが飛躍的に向上しました。

東北本線の高架化 概念図

imagephoto

imagephoto

公園の整備で
潤いある街づくり。

あすと長町に暮らす人々の共有空間として、敷地面積約1.7haの広大なあすと長町中央公園や、身近な憩いの場としての長町副都心1号公園が整備されました。

  • あすと長町中央公園/徒歩2分(約130m)

    あすと長町中央公園
    徒歩2分(約130m)

  • 長町副都心1号公園/徒歩1分(約20m)

    長町副都心1号公園
    徒歩1分(約20m)

美しい都市景観を実現するための
厳しい建築制限

仙台市の「あすと長町街づくりルール」(地区整備計画)に定められた土地利用の方針により、
「21世紀都市・仙台」を先導するモデルタウンとして、
将来にわたる美しい街並と良好な環境、優れた景観の育成を目指しています。

  • 整備された美しい街を形成『敷地面積の最低限度』

    建築物の敷地面積の最低限度を定めることにより、狭小宅地やペンシルビルを防止し、土地の有効活用と良好な生活環境の保全を図ります。

    imagephoto

    imagephoto

  • 景観や眺望に配慮『壁面の位置の制限』

    道路の沿道と隣地との境界では、敷地規模に応じた一定の壁面後退により、ゆとりある空間の創出を図ります。

    imagephoto

    imagephoto

  • 魅力ある街路空間の形成『高さの最高限度』

    道路の幅員に応じて、建築物の高さの制限を行い、魅力ある街路空間の形成を図ります。あすと長町中央地区では、あすと長町大通り線の境界線までの距離が20m以下の範囲内の建築物または建築物の部分は高さ45mが限度となっています。※1

    imagephoto

    imagephoto

  • 身近に緑を感じられる都市空間の形成『緑化率の最低限度』

    環境と共生するまちを象徴する地区として、建築物の敷地面積が1,000u以上の敷地では、敷地面積の10%以上の緑化面積を確保し、公共空間の緑地と一体となる民有地での緑化を図ります。

    imagephoto

    imagephoto

  • 街並みに緑のネットワークを創出『垣又はさくの構造の制限』

    道路に面して垣又はさくを設ける場合は、生け垣または植栽を施した透視可能なさくとなっています。

    imagephoto

    imagephoto

  • 緑と調和する美しい街並を形成『形態又は色彩その他の意匠の制限』

    街路樹の緑と建物が調和する美しい街並を創出するため、高彩度の色彩の使用を制限します。また、建築物に附随する屋外設備は、建築物との一体化や遮へいにより外壁面への露出を避けるなど、景観や眺望に配慮します。

    imagephoto

    imagephoto

※出典:仙台市HP/地区計画ガイド
「あすと長町中央地区計画」(2012年3月作成)

あすと長町に残された
住むにふさわしい場所。

喧噪から一歩奥まった
理想的とも言える住環境。

商業施設が立ち並ぶ線路沿いのエリアや、街の幹線道路となっているあすと長町大通り線沿いのエリアとは異なり、喧噪から一歩奥まった理想的とも言える住環境。

■ 周辺図

周辺図

※掲載の周辺図および周辺との離隔概念図は一部道路・施設等を抜粋して表記しています。
※掲載の立地概念イラストは立地状況を説明するための概念図であり、建物位置・高さ・距離・縮尺等は実際とは異なります。

【ポイント1】線路や大通りから奥まった閑静なポジション。

閑静な低層住居ゾーンに接するここは、駅近でありながら、静かで落ち着いたエリア。あすと長町の中でも、暮らしを営むのにふさわしい環境です。

【ポイント2】計画的な配棟で離隔を確保。

敷地のポテンシャルを最大限活かすために、ブリーズコートの南側には平置駐車場を配置し、約32〜35mの離隔を確保。公園と低層住宅街を見下ろすエアーズコートは、東側の道路と長町副都心1号公園を挟んでいるので、最大約46mの距離を置くことで、開放的な住空間の創出を目指します。

■ 周辺との離隔概念図

周辺との離隔図

※1:東側離隔はバルコニー手すりから建物敷地前まで、南側はバルコニー手すりから建物のバルコニー手すりまで。離隔距離は住戸により異なります。

【ポイント3】公園と低層住宅街区を見下ろす圧倒的な開放感。

東を臨めば、「長町副都心1号公園」(20m・徒歩1分)が目の前に。さらにその向こうには低層住宅街が広がります。四季の移ろいを感じながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

■ 立地概念イラスト

■ 立地概念イラスト

  • あすと長町中央公園/徒歩2分(約130m)

    あすと長町中央公園/徒歩2分(約130m)

  • 長町副都心1号公園/徒歩1分(約20m)

    長町副都心1号公園/徒歩1分(約20m)

※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出し、端数を切り上げたものです。
※掲載の写真は2015年8月〜2018年3月撮影。
※掲載の情報は2018年3月現在のものです。
※1:「シティタワーあすとレジデンシャル」は、あすと長町大通り線の境界線までの距離が20m以上であるため、建築物の高さは45m以上となっています。

  • 約82ha超の新街区
  • 計画的につくられたキレイな街並み
  • あすとに残された閑静な住環境

Page Top

  • 来場予約
  • 資料請求

資料請求

来場予約

0120-026-391 現地案内図 資料請求 来場予約 Menu