メインエントランス・外観(平成29年6月撮影)

住友不動産が描く、
白亜の建築美。

南垂れの高台。3面接道の敷地。広がりあるロケーションを得て、導きだしたのは、麗しいホワイトタイルを基調とすることで生まれるモダンにして繊細な、アートとしての建築美。風景に敬意を表し、調和を示すことで、洗練の一邸を描きだします。

心を開くための設計、
そして匠の意匠。

空へと続くのびやかさを体現する、ワイドなコーナーガラス。シックかつ堅牢な佇まいを感じさせる打放のコンクリート。立地を生かし、各邸、そのロケーションと美しく調和するデザインを施しました。暮らすほどに心が澄みわたり、満たされていく設計・意匠です。

  1. 二丁掛平タイル/色調のアクセントとなるタイル素材。
  2. 打放コンクリート/シックかつモダンなコンクリート打放調仕上げを採用。
  3. ホワイトタイル/邸宅の基調となる爽やかなタイル。
  4. ホワイト縦格子手摺/開放感と洗練性を高める白の縦格子手摺。
エントランスホール(平成29年6月撮影)
  1. 大判床タイル/重厚な風合いを感じさせるタイル素材。
  2. 木調フィルム/木の風合いを醸すフィルムを採用。
  3. 打放コンクリート/シックかつモダンなコンクリート打放調仕上げを採用。
  4. 大判壁タイル/こまやかな陰影を映し出す美しい素材。

色褪せないシーンを求め、構成素材を厳選。

床面に広やかさを与える大判のタイル。壁面に繊細なリズムを刻む木調ルーバーと打放コンクリート。そして、空間全体をぬくもりで満たす間接照明。適材適所、厳選のマテリアルを配し、オーセンティックにしてモダンな空間を構成します。

機能美を磨いた
ファニチャーデザイン。

意匠を生かしながら腰掛けやサイドテーブルの機能をもたせたウォールファニチャー。素材の質感が美しい、上質な設えとしました。エントランスホールには、洗練性を大切に、知性と機能美を追求した家具を配しました。

心地よい毎日のために、開放感を大切にしたプラン。

居室の開放感を高める
洋室の引き戸。

洋室の開き戸を引き戸にすることで、居室を広くお使いいただくことができます。
※一部開き戸の洋室もあります。

奥行き最大芯々約4.5mの
自分空間バルコニー

南面には奥行き最大芯々約4.5mの「自分空間バルコニー」を採用しました。日射しと風を心地よく愉しむことができます。

外観完成予想図

※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。また、形状の細部および設備機器等については省略しております。※外構・植栽計画、家具・調度品等の形状・色等は今後変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。※敷地内の樹木等はある程度生育した後をイメージして描いたものです。また、葉や花の色合い、樹形等はイメージであり実際とは異なります。なお、植栽計画は変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。※掲載の外壁タイル等の写真は同種サンプルを撮影したもので、実際のものとは多少異なる場合があります。また、印刷の都合により若干色合いが異なる場合があります。※掲載の図面は、施工上の都合・改良等により多少変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

資料請求(無料)
来場予約