SECURITY[共用部]

安全性と防犯性を高める
電動シャッターゲート(専用リモコン付)

駐車場の出入口には、安全性と防犯性を高めるシャッターゲートを設置しました。専用リモコンでシャッターゲートを開け、自動的に閉まるので、車から降りることなく操作できます。

共用部の防犯性に配慮した
防犯カメラ

共用部10ヶ所に防犯カメラを設置。不審者の侵入や犯罪を抑制するとともに、24時間録画される画像は、一定期間保管されます。
※9台はレンタルとなり、費用等は管理費に含まれます。

来訪者を3段階でチェックして不審者の侵入対策を強化
ダブルオートロックシステム

一般のマンションに比べ不審者の侵入対策を強化し、主な来助者のアプローチ上の2ケ所にダブルオートロックシステムを採用しました。エントランスホール前にいる来訪者を住戸内のカラーモニター付インターホンで音声と映像で確認した後にオートロックを解錠。さらに1階エレベーターホール前でも同様にチェック。住戸前のセキュリティを加え3段階のチェックで、不審者の侵入対策を強化しています。またお留守の時の来訪者も確認できる録画・録音機能もついています。

住友不動産の24時間オンラインセキュリティシステム
S-GUARD(エスガード)

24時間オンライン体制で、セントラル警備保障(株)(CSP)指令センターにつながっています。各住戸でのガス漏れ、非常ボタン、防犯センサーおよび各住戸、共用部での火災による警報が発信されると、セントラル警備保障(株)の警備員が現場に急行し、必要な通報などの対応がなされます。また、共用部設備の異常信号を受信した場合にもセントラル警備保障(株)の警備員が速やかに現地確認を行い、迅速かつ適切な対処に貢献します。

SECURITY[専有部]

警報で侵入を知らせる
防犯センサー

玄関ドアと、接地階住戸の窓および、ルーフバルコニー付住戸のルーフバルコニーに面する窓には防犯センサーを設置(※面格子の付く窓とFIX窓を除く)。防犯セットしている間に防犯センサーが設置された間口部が開けられると、センサーが反応して、住戸内インターホン親機と玄関子機にて警報が鳴り、警備会社へ異常信号を発信します。

二重の錠で防犯性を高める
ダブルロック

防犯性を高めるため、玄関ドアは上下2ヶ所で施錠できるダブルロック仕様としました。不正に解錠しようとしても時間がかかるため、犯罪の未遂率が高まるとされています。

使いやすさと防犯性を兼ね備えた
防犯サムターン

工具をドアの内側に入れサムターンを回してしまう不正解錠に対応したスイッチ式防犯サムターン(上部1ヶ所)を採用しました。

暴力的なドア破壊に対応
鎌デッドボルト

枠と扉の間にバールなどを差し込んで解錠する、こじ開けの手口への対策として、玄関ドアのカギを施錠すると鎌状の金具がせりだす鎌デッドボルトを採用しました。

ピッキングなどの不正解錠に配慮した
プログレッシブシリンダーキー

住戸の玄関キーは、ピッキングなどの不正解錠への対応を強化したリバーシブルタイプのプログレッシブシリンダーキーを採用しています。

高い防犯性能を発揮する
防犯合わせガラス

一部住戸の窓には、防犯合わせガラスを使用。2枚のガラスの間に挟まれた特殊中間膜(フィルム)がガラス破りによる侵入防止に効果を発揮します。また、ガラスの飛散や落下の危険性も少ないので安全性にも優れています。
※詳細は係員にお尋ねください。

SAFETY

地震時に最寄階に自動停止する
エレベーター安全装置

エレベーター運転中に、地震管制装置が一定値を超えた地震の初期微動(P波)・主要動(S波)を感知すると、最寄階に速やかに停止します。また、停電した際には一旦停止後、停電時自動着床装置により、最寄階に自動停止し、さらに、天井の停電灯が点灯してエレベーター内を照らす他、インターホンが使用できるので、外部との連絡も可能です。
※エレベーター運転中に急速な大きい地震により、主要動(S波)[高]を感知した場合は、その瞬間に直ちに休止し、最寄階への移動や扉が開かない場合がございます。

火災を自動で知らせる
自動火災報知設備

火災が発生した際、周囲に知らせるための自動火災報知設備が共用部の各所に設置されています。
※火災によっては自動火災報知設備が作動しない場合があります。

災害時などの避難経路に配慮した
オートドアガラス

災害時などに安全に避難できるようエントランスには合わせガラスを採用(一部除く)しました。合わせガラスは除く割れにくく、破片が飛散しにくいため、大きな怪我をすることが少なくなります。

戸外への避難路を確保する
対震ドア枠

万一の地震時に、玄関扉の枠が歪んでも、枠と扉の隙間を大きく設けることにより、扉の開放を容易にできるように配慮した対震ドア枠を採用しました。

家具の転倒を予防するための
家具固定用下地補強

万一の地震時による家具転倒予防として、居室・キッチンの一部の間仕切壁などに家具固定用下地補強を施しました。壁面の一部分にある下地補強に家具を固定することで家具が倒れにくくなり、住まう方の安全に配慮された仕様です。
※住戸タイプにより設置されない居室がある場合があります。また、設置箇所は異なります。詳細は係員にお尋ねください。※取付金具は別途お客様のご負担となります。

資料請求(無料)
来場予約