PRIVACY
プライバシー

戸境壁

隣戸との遮音性に配慮した

戸境壁

住戸間の戸境壁は、鉄筋コンクリート造とし、厚さ約180o〜約200oを基本としています。これは、JIS(日本工業規格)が定める遮音等級Rr-50以上を確保した仕様で、隣戸との遮音性に配慮しています。

「Rr」とは、日本工業規格に規定する音響透過損失等級(空気伝搬音の遮断の程度)を表す指標で、例えば住宅品質法の性能表示制度では「Rr-50等級以上」の場合には、4等級中上から2番目の等級3(「優れた空気伝搬音の遮断性能が確保されている程度」)に位置付けられています。

儉L(T)-4等級のフローリング

軽量床衝撃音の軽減に効果のある

儉L(T)-4等級のフローリング

スプーンの落下などの際に発生する軽量床衝撃音への対策として儉L(T)-4等級相当(メーカー表示)の遮音性能を備えたフローリングを採用し、生活音の伝わりに配慮しました。
※遮音性能値(儉等級)は、JISで定められた測定方法で測定した値であり、実際の住戸内での遮音性を示すものではありません。
※1階除く。

同レベルの音であっても生活する時間帯などにより、音の感じ方には個人差があります。本物件では遮音性に配慮しておりますが、居住者様がお互いに音に対するマナーを守り、快適なマンションライフをお過ごしいただくことが大切となります。

※設備・仕様はタイプにより異なります。
  • 資料請求
  • 来場予約
  • オンライン見学会予約

資料請求

来場予約

オンライン見学会予約