シティハウス自由が丘レジデンス|マンション・戸建 情報ブログ

シティハウス自由が丘レジデンス

七夕 ~LE PETIT BONHEUR~

2018年07月07日(土)

未分類

※当社撮影

7月7日、七夕。

「たなばた」または「しちせき」と呼ばれる節句のお祭り行事。

ご存知の方もいるかもしれませんが、五節句といって昔の中国の暦法で定めた

「季節の変わり目」が1年間に5回あります。

 

中国では奇数(陽)の揃い目というのは「陽」と「陽」が重なり「陰」になるという、

あまり縁起の良いものではなかったため、邪気を払う行事をしていたそうです。

それが日本の農耕・健康・子孫など無事を祈る風習と重なり、

神様にお供え物をしたり、宮中で宴会をする催しと変化していきます。

それが節句。

 

七夕はその節句の中のひとつ。

 

1月7日 人日の節句(正月)※1日は別格とする

3月3日 上巳の節句(雛祭り)

5月5日 端午の節句(こどもの日)

7月7日 七夕の節句(七夕)

9月9日 重陽の節句

 

七夕は日本の中でも比較的明るい行事のひとつ。

街も飾り付けやイベントなどで賑わいます。

トップの写真は「LE PETIT BONHEUR (ル・プティ・ボヌール)」さんの

七夕にふさわしい星空をイメージしたボンボンショコラ達です。

自由が丘にあるスイーツショップの実力は勿論の事、

そこに「選ぶ楽しさ」と「オリジナリティ」が強く上乗せされたショーケース。

※当社撮影

やはり目がいってしまうのはフルーツソースの入ったボンボンショコラ達。

定番商品と季節限定商品なども踏まえ、創り手さんの様々な想いが

一斉にディスプレイされています。気分は自動的に高揚する仕組みです。

商品の量が多く、カスタムの可能性が広がります。

※当社撮影

こちらにはギフトにも利用できる詰め合わせサンプル、

先程のフルーツソースのボンボンや、通常のボンボンショコラ、

「ショコラ+マカロン=チョコロン」などがあります。

これだけ可愛くて価格もひとつ200円程度から。

バリエーションを増やすのにはとても嬉しい要素でもあります。

※当社撮影

店名でもある「LE PETIT BONHEUR (ル・プティ・ボヌール)」とは

フランス語で「小さな幸せ」という意味。

利用いただく方々に日常使いしてもらえるようなお店。

色彩豊かなショコラや、アイディア溢れるラインナップの数々。

実際に感じたのは、「選ぶ側が選ばれる人の小さな喜びを思う」こと。

それを思い選ぶ楽しさが非常に溢れているお店でした。

 

~ 大阪で開業して2年、東京初出店は「自由が丘」。

トレンドに強い方にもおすすめできるお店でした ~

LE PETIT BONHEUR (ル・プティ・ボヌール)

東京都 世田谷区奥沢6-28-6 102 MAP

03-5760-6110

11:00~19:30

月・日曜(不定休あり。HPで要確認)