シティハウス自由が丘レジデンス|マンション・戸建 情報ブログ

シティハウス自由が丘レジデンス

呑川緑道の桜

2020年03月26日(木)

未分類

皆さん、こんにちは。

春らしい陽気になってまいりました。また、今年もあの季節になりましたね。そう、花粉です。

憂鬱な気分です。そんな気分を少しでも和らげようと思い、シティハウス自由が丘レジデンスの

近くにある呑川緑道に散策に出かけました。今の季節は、呑川緑道には多くの桜の木が植えられており、

多くの方が足を止めて桜に見入っていました。今回は、呑川緑道の桜をご紹介します。

まだ、満開ではありませんが、わたくしが見たところ、約6割ぐらいの桜が咲いているように思います。

【当社撮影】

【当社撮影】

上記の写真は、呑川の水の流れが地下に入る暗渠区間です。脇を桜の木が囲います。

 

【当社撮影】

 

呑川緑道の桜は、間もなく満開を迎えそうです。

皆様もお時間がありましたらお越しになられてみてはいかがでしょうか。

 

≪シティハウス自由が丘レジデンス≫

【公式HPはコチラ】

http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/ch_jiyugaoka/

【動画で見る~Movie Gallery~】

http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/ch_jiyugaoka/moviegallery.html

【資料請求はコチラから】

http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/ch_jiyugaoka/shiryo/shiryo.html

野毛大塚古墳

2020年03月15日(日)

未分類

 

皆さん、こんにちは。

今回は、「野毛大塚古墳」をご紹介します。

場所は、東急大井町線の等々力駅から徒歩で10分です。

「野毛大塚古墳」

世田谷区等々力1-25 玉川野毛町公園内

 

野毛大塚古墳墳頂より撮影 当社撮影

上の写真は、野毛大塚古墳の墳頂より撮影したものです。なかなか眺望もよく、皆様も休日にお越しになられてみてはいかがですか?

「野毛大塚古墳」は、帆立貝式の前方後円墳です。築造は4世紀末から5世紀初頭とみられています。この野毛大塚古墳は、国分寺崖線上の高台、上野毛から尾山台にかけて広がる野毛古墳群のなかで最大規模の古墳です。なお、古墳の表面は葺石でおおわれています。この「野毛大塚古墳」の発掘調査の際に、関東地方最古の鉄製甲冑や石製品など多種多量の副葬品が出土しています。これらの副葬品から5世紀初めごろに造られた古墳と考えられています。そのため、5世紀初頭の中央政権である畿内王権と深く結びついた南武蔵地域の大首長墓と考えられます。

 

 

当社撮影

上の図は、古墳の後円部の頂上の遺体を埋葬する施設である主体部を示したものです。

墳頂から埋葬施設が4か所見つかっており、直刀や甲冑、石製模造品などが出土しています。野毛大塚古墳は国分寺崖線上の高台

上野毛から尾山台にかけて広がる野毛古墳群のなかで最大規模の古墳です。この野毛大塚古墳からは数々の副葬品が出土しており

南武蔵地域の大首長墓と考えられています。当時の政治・社会の展開を考えるうえで重要です。

そのため、東京都指定史跡に指定されています。

また、「野毛大塚古墳」は、大阪にある有名な「仁徳天皇陵」の古墳との共通点や類似点があることが指摘されています。詳しくは皆様でお調べになってみてください。なかなか興味深い点もあろうかと思います。それでは、今回はこの辺で。

 

 

≪シティハウス自由が丘レジデンス≫

【公式HPはコチラ】

http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/ch_jiyugaoka/

【動画で見る~Movie Gallery~】

http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/ch_jiyugaoka/moviegallery.html

【資料請求はコチラから】

http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/ch_jiyugaoka/shiryo/shiryo.html