タワー棟エントランス完成予想図

目を奪う存在感が街を変える。目を奪う存在感が街を変える。

街区の象徴となる都市邸宅のファサード。それは居住者にとって機能的なだけでなく街の景観を高めるものでなくてはなりません。「シティタワー駒沢大学ステーションコート」はタワー棟、レジデンス棟のそれぞれの特性をデザイン化して街区に際立たせています。

街区の象徴となる都市邸宅のファサード。それは居住者にとって機能的なだけでなく街の景観を高めるものでなくてはなりません。「シティタワー駒沢大学ステーションコート」はタワー棟、レジデンス棟のそれぞれの特性をデザイン化して街区に際立たせています。

タワー棟エントランス完成予想図

街に際立つ景観[タワー棟]

玉川通りに面したタワー棟は、2層の吹き抜け空間をガラス越しに見せる印象的なエントランス。居住者やゲストはエスカレーターによって2階のエントランスホールへと導かれます。

レジデンス棟エントランス完成予想図

緑に寄り添う佇まい[レジデンス棟]

アプローチが並木道風の公開空地となるレジデンス棟は、緑を配して瀟洒な上質感を表現。背後に広がる住宅街と調和させています。

  • ※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。また、形状の細部および設備機器等については省略しております。
  • ※敷地内の樹木等はある程度生育した後をイメージして描いたものです。また、葉や花の色合い、樹形等はイメージであり実際とは異なります。なお、植栽計画は変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • ※一部敷地外(街路樹等)を合わせて着彩しています。また、周辺建物を概略ラインのみ表現しています。
Page Top