駒沢の美景を見晴らす。

現地19階相当からの眺望写真(平成28年10月撮影)
マウス、画面の両端にある<>で左右に眺望を動かせます。 スワイプで左右に眺望を動かせます。
NEXT
PREV

現地20階相当からの眺望写真(平成28年10月撮影)

  • ※眺望等は階数・各住戸により異なり、周辺環境・眺望は将来変わる場合があります。また、季節・天候によっても異なる場合があります。
駒沢大学エリアガイド

窓辺に低層住宅街が広がる圧倒的な開放感

建設地は第一種住居地域※1と商業地域に位置し、その外側を第一種低層住居専用地域※2が取り囲んでいます。このため、タワー棟・レジデンス棟とも主開口部となる東・南側は低層の住宅街が広がり、駅前立地とは思えない豊かな開放感を享受することができます。

  • ※眺望等は階数・各住戸により異なり、周辺環境・眺望は将来変わる場合があります。
用途地域概念図
現地周辺概念イラスト

東急田園都市線「駒沢大学」駅徒歩1分

「シティタワー駒沢大学ステーションコート」は、東急田園都市線「駒沢大学」駅東口から徒歩1分※3。
駅上ともいえる立地により都心直結アクセスを最大限に活かすことができます。

フラットアプローチ

タワー棟、レジデンス棟とも駅出口からは高低差のないフラットなアプローチ。街路樹のある歩道が整備されており、通勤・通学、お出かけに安心で快適なロケーションです。
また、「駒沢大学」駅にはホーム階から地上出口までエレベーターが設置されており機能性をさらに高めています。

立地概念イラスト
  • ※掲載の現地周辺概念イラストは立地状況を説明するための概念図であり、建物位置・高さ・距離・縮尺等は実際とは異なります。
  • ※計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは多少異なります。また、一部敷地外の道路等を合わせて着彩しています。
  • ※掲載の用途地域概念図は一部道路等を抜粋して表記しています。また、世田谷区、目黒区の用途地域図を基に引用したものです(平成28年10月現在)。なお、用途地域・周辺環境は将来変わる場合があります。
  • ※1:第一種住居地域とは、住居専用地域を貫通する幹線道路沿いの区域などで、住環境を保護する区域です。
  • ※2:第一種低層住居専用地域とは、低層住宅の良好な環境を守るための地域で、小規模なお店や事務所を兼ねた住宅、小・中学校などが建てられます。 高さ制限は原則10mです。
  • ※1・2の出典:東京都都市整備局ホームページ(平成28年10月現在)
  • ※3:タワー棟約60m・徒歩1分、レジデンス棟約50m・徒歩1分
Page Top