シティハウス文京茗荷谷レジデンス|マンション・戸建 情報ブログ

シティハウス文京茗荷谷レジデンス

茗荷谷花暦み〜紅梅・白梅〜

2020年02月09日(日)

周辺環境

皆様こんにちは。2月になり立春・節分が過ぎ、日差しは徐々に春めいてきましたが、まだまだ寒い日が続いてます。先日現地に向かい教育の森公園を歩いていたところ、文京スポーツセンターの脇の占春園に向かう径沿いにある梅の木の枝に梅の花がほぼ満開になっていることに気が付きました。「梅の小枝に鶯が春が来たよと謡います」なんていう童謡が思わず脳裏に浮かびました。この写真を撮影しているときにも「鶯」ではなく多分「メジロ」だと思いますが、梅の小枝の間をかわいらしい姿で飛び回っていました。

                教育の森公園の紅梅と白梅 当社撮影

それと「梅」で思い起こされるのは福岡の太宰府天満宮の「飛梅」ですね。平安京の都から太宰府に赴くことになった菅原道真が屋敷内の梅の木に語りかけるように詠んだといわれている「東風吹かば におひをこせよ梅の花 あるじなしとて 春なわすれそ」という歌が有名です。「東風が吹いたら(春が来たら)芳しい花をさかせておくれ、梅の木よ 自分が太宰府に行ってしまったからといって 春の到来を忘れてはならないよ」現代語に訳すとこんな感じかと思います。梅の花の開花は「春の到来」を告げる風物詩なんですよね。

                青空と白梅「加賀白」当社撮影

青空をバックに梅の花の写真を撮影してみましたが、一つの枝にたくさんの花を咲かせる桜と違い一輪ずつ花を咲かせる梅の花も以外に青空に映えるなと思いました。

教育の森公園の紅梅 当社撮影

まだ寒い日々が続いてゆくことと思いますが、厳しい寒さの中にも日差しの温もりを少しでも感じられたら もう春はすぐそこまで来ています。そんな季節の移ろいがすぐ身近に感じられる「茗荷谷エリア」で是非皆様の理想のお住まいを探されては如何でしょうか。

「シティハウス文京茗荷谷レジデンス」では建物内モデルルームを公開しています。是非ご見学にお越し下さい。

▼▼▼ ホームページ ▼▼▼
http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/myogadani3/

資料請求ボタン

シティハウス文京茗荷谷レジデンス|文京茗荷谷プロジェクト|住友不動産のマンション|
東京都文京区|新築分譲マンション|東京メトロ丸ノ内線|都営三田線|すみふ茗荷谷