ソライエ草加松原シティテラスソライエシティ ザ・パーク/ザ・ガーデン|マンション・戸建 情報ブログ

ソライエ草加松原シティテラス
ソライエシティ ザ・パーク/ザ・ガーデン

渡良瀬遊水池のご紹介と洪水対策

2019年11月29日(金)

未分類

皆様こんにちは。

今回は、先日各地に被害をもたらせた「台風19号」の際に大きな課題となりました「洪水対策」について台風接近時その「貯水量」がネットで話題となりました栃木県の南端、栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県の4県にまたがる総面積33k㎡、日本最大の遊水池の「渡良瀬遊水地」のご紹介と「ソライエシティ」周辺で行われている「洪水対策」についてご案内いたします。

「渡良瀬遊水地」は自然環境でも知られ、遊水地全体の面積の内、2,500haが植生におおわれており、植生の約半分がヨシ原で全国でも最大級の規模を誇り、本来の低地の自然環境が保全されており、大変貴重な存在となっています。その広大なヨシ原には、多数の動植物が生息・生育しており、2012年には湿地の保存に関する国際条約であるラムサール条約締約国会議でラムサール条約湿地に正式に登録されました。

元々は渡良瀬川の上流、足尾銅山の無害化を目的とされておりましたが1930年の完成以降は度重なる洪水の際に川の水が入るようにし、洪水の調整を図る役割を担うようになりました。「台風19号」の際は過去最大の洪水量約2.5億㎥を貯留し、河川の水位低下に寄与したそうです。その際、「貯水量100%」が続いたことがネットで大きな話題になりました。

(渡良瀬遊水地)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※2019年11月 東武不動産撮影

 

 

規模や内容は異なりますが「ソライエシティ」がある「獨協大学前<草加松原>」駅西口でも「洪水対策」として駅西口から国道4号線に向かう市道の地下に約730mにわたって約6,600㎥の雨水を収容可能な「地下貯留槽」が1985年10月に整備されております。住宅地の雨水を道路下の貯留槽に呼び込んで貯め、伝右川の水位が下がった時点で毎秒0.5㎥の排水能力を持つポンプ2台で貯留槽内の雨水を伝右川に排出する仕組みです。また、「ソライエシティ」につきましても周辺道路より1FLを高く設定(約20~約80mm)しているとともに行政の指導により「ザ・パーク」・「ザ・ガーデン」の地下に合計で約3,000t以上の雨水が貯留可能な「雨水貯留槽」を設置し、災害の備えとしております。

(地下貯留槽位置図)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(雨水貯留槽)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

災害が年々大きくなっている現在、このような対策・設備の重要性は増しています。

皆様もこの機会に身の回りの「洪水対策」について考えてみてはいかがでしょうか。

「渡良瀬遊水池」への行き方や周辺観光情報、「獨協大学前<草加松原>」駅西側の「洪水対策」等について知りたい方がいらっしゃいましたら「ソライエシティマンションギャラリー」にご来場いただければ、担当者が丁寧にお教えします。「ソライエシティマンションギャラリー」ではモデルルームも公開中です。お気軽にご来場ください。

○渡良瀬遊水池:東武日光線「板倉東洋大前駅」より約3.2km

「ソライエシティ」より約55km

▼▽▼▽▼▽【ソライエシティ】ホームページ▼▽▼▽▼▽

<モデルルーム公開中!> 皆様のご来場を心よりお待ち致しております。

<来場予約受付> 下記ホームページよりご予約ください。

http://www.sokamatsubara3.com/

フリーダイヤル:0120-474-015

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲▲△▲△▲△▲△▲

「ソライエシティ」|住友不動産のマンション|「獨協大学前」駅利用| 新築分譲マンション|「獨協大学前」駅西口| 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)|わたらせ遊水池|