ソライエ草加松原シティテラスソライエシティ ザ・パーク/ザ・ガーデン|マンション・戸建 情報ブログ

ソライエ草加松原シティテラス
ソライエシティ ザ・パーク/ザ・ガーデン

草加市文化会館 伝統産業展示室『ぱりっせ』

2017年11月03日(金)

未分類

みなさんこんにちは!
いよいよ11月に入り、肌寒い日々が多くなってまいりました。
空気も乾燥しておりますので、風邪などひかぬようお気をつけ下さい。

今回はただ今建設中の【ソライエ草加松原シティテラス】近接の公共利便施設のひとつ、【草加市文化会館】内に有る草加市伝統産業展示室、『ぱりっせ』をご紹介いたします。

【草加市文化会館】は、ホール・会議室・レセプションルームなどがあり、右手の綾瀬川沿い
の松並木【国指定名勝「おくのほそ道の風景地」草加松原】に隣接する多目的施設として、多くの各種イベントが催される人気施設です。
駅西口にある【ソライエ草加松原シティテラス】からは、駅を挟んで徒歩約14分のところにあります。

アクセスは、東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「獨協大学前<草加松原>」駅(※)東口に広がるパインアベニュー商店街を真っすぐに進み「松原団地駅入口」交差点先にある、太鼓型歩道橋の「百代橋」を渡ってすぐの所です。
右側奥の【草加市民体育館】と並んで、手前に【草加市文化会館】があり、駅からは徒歩約5分の非常に分かりやすい場所でもあります。

(※)2017年4月1日より、駅名が東武スカイツリーライン「松原団地」から「獨協大学
前<草加松原>」に変わりました。

今回ご紹介する『ぱりっせ』は、【草加市文化会館】1階にある伝統産業展示室です。
『ぱりっせ』とは、おせんべいを割る「パリッ」という音と、「せっせ」と働く職人さんのイメージでつけられた、公募による愛称です。

草加市の伝統産業である、「草加せんべい」「本染めゆかた」「皮革製品」の歴史や製法が展示されていて、せんべいの手焼き体験やレザークラフト教室も開催しており、実際にその仕事をしている気分で、楽しく体験することができます。

正面入口から入ると左側にすぐ案内カウンターと各種パンフレット等の案内があります。右側には各草加市伝統産業の販売コーナーが設けられていて、さながらブティックのように、煌びやかな色やデザインの製品が所狭しと並んでいます。

正面には大きな草加せんべいの展示がお出迎え。

そこから左に曲がると『展示』コーナーになっていて、せんべい~本染めゆかた~皮革の3つのコーナーを順に見学できるようになっています。

なお『ぱりっせ』の入場は無料となっていますので、【草加市文化会館】にお立ち寄りの際でも、お気軽にご見学が可能です。

・『展示』コーナー 
【草加せんべい】 (道具や製造工程等の展示物)

【ゆかた染め】(注染(ちゅうせん)、本染めの工程が分かりやすく説明されています)

【皮から革へ】展示の各道具(ミシン)類はかなり興味深いものです。

・『販売』コーナー 

市内製造の草加せんべい
名実ともに草加市を代表する名物となっています。
現在、市内にある製造所や販売店は50軒以上にもなります。
各商店の人気商品をひとパックにした、『ぱりっせ』オリジナル商品も販売中です!

市内皮革製造事業所9社が作る皮革製品。
バッグ、サイフ、キーケース等の小物の他、靴、ベルト、ブックカバー等の展示販売をしています。

・『体験』コーナー 
草加せんべい手焼き体験(毎月第4土曜日・団体10名以上にて要予約)その他、レザークラフト体験(事前に要予約)、ゆかた染め体験(年に数回実施予定・要問合せ)があります。

『体験』コーナーでは、小学生以上大人までが楽しみながら体験できるようになっています。
特別企画等も順次行っているそうなので、ご予約の際にお問合わせください。
(入場無料・但し各種体験コーナーは有料となります)
特に文化会館でイベントがある週末は特に賑わうそうです。
【ソライエ草加松原シティテラス】からお近くでもございますので、地元、草加市のの伝統産業を知る上でも、一度は訪ねてみてはいかがでしょうか。

※体験コーナーのご予約やお問い合わせはTEL 048-931-1970まで。
草加市文化会館 伝統産業展示室 『ぱりっせ』
現地より約1,090m 徒歩約14分
〒340-0013 埼玉県草加市松江1-1-5  営業時間:10:00~18:00
休館日:水曜日・年末年始・年2回臨時休館ほか

「ソライエ草加松原シティテラス」|住友不動産のマンション|「獨協大学前」駅利用│ 新
築分譲マンション|草加松原310|「獨協大学前」駅西口| 東武伊勢崎線(東武スカイツ
リーライン)|