品川イーストシティタワー|マンション・戸建 情報ブログ

品川イーストシティタワー

天王洲アイルってどんな街?

2017年04月17日(月)

未分類

みなさまこんにちは!

『シティテラス品川イースト』『品川イーストシティタワー』ともに、
日々多くのご来場を賜りありがとうございます。

遠方からご見学に来られる方も非常に多いマンションではございますが、
『天王洲アイル』については、聞いたことがあるくらいであまりご存知ないという方もたくさんお越しいただきます。

本日は、その中で皆様に多くいただくご質問についてご紹介したいと思います!

■どうして『天王洲アイル』っていうの??

 江戸時代に「牛頭天王」という神様の面が海から引き上げられた事が由来とされています。海中の土砂が堆積したエリアである事から「洲」で「天王洲」ですが、それに「島」を英語にして「アイル」が付けられました。
 
 「アイル」がカタカナ表記なので少し違和感が・・・。なんておっしゃる方もいるかもしれませんが、実際に街をご覧いただくと『天王洲島』ではなく『天王洲アイル』だと感じると思います。
 
 東京湾に隣接して、景観に恵まれたウォーターフロント。日中には日差しに照らされた運河、夜にはライトアップされた光と調和する雰囲気を楽しめる街です。まさに『天王洲アイル』

■埋め立てられたのは最近??

 実は埋め立ての歴史は古いエリアです。古くは黒船来航の頃、砲台用の台場を設置したのが始まりです。1850年代ですから、元号でいうと嘉永の頃ですね。

 その後しばらくして、1920年代に現在の地形となるよう埋め立てが行われ、エリアの原型が出来上がりました。埋め立てを終えてから100年近くの歴史が経つのですね。
 
 一般的に埋立地は歴史が古いほど地盤が強固とされていますが、この『天王洲アイル』エリアは、歴史が古く、現在では強い地盤に恵まれた土地になっています。

■最近出来た街なの??

 1990年代に東京最大規模の開発が行われ、現在の街並が出来上がりました。
JTBやキヤノンの本社も有りオフィスビルが多い印象ですが、
TYハーバー・クリスタルヨットクラブ・銀河劇場など、休日に他のエリアから来られるような施設もあります。

 『シティテラス品川イースト』『品川イーストシティタワー』合わせて617邸の大規模マンションが誕生し、街がますます発展すると嬉しいですね。

『天王洲アイル』の街とともに、『シティテラス品川イースト』『品川イーストシティタワー』もぜひ一度ご覧いただければと思います。

引き続きたくさんのご来場をお待ちしております。