虎ノ門ヒルズ[徒歩9分/約680m] 虎ノ門ヒルズ[徒歩9分/約680m]

想像を超える未来へ。

REDEVELOPMENT

世界を視野に入れた大規模再開発が進行中。 世界を視野に入れた大規模再開発が進行中。

国が主体となって改革を行う「国家戦略特区」の一つに位置づけられている虎ノ門エリア。地下鉄の新駅や空港バスターミナルによる交通結節機能の強化、快適な国際ビジネス環境や緑のネットワークの整備などさまざまな再開発が進められ、国際レベルの機能を備えた東京の新たな拠点へと進化を遂げようとしています。

国が主体となって改革を行う「国家戦略特区」の一つに位置づけられている虎ノ門エリア。地下鉄の新駅や空港バスターミナルによる交通結節機能の強化、快適な国際ビジネス環境や緑のネットワークの整備などさまざまな再開発が進められ、国際レベルの機能を備えた東京の新たな拠点へと進化を遂げようとしています。

立地概念図

【ピンチアウトで拡大表示ができます。】

立地概念図
虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

計画区域は約8.1ヘクタール。中心に広場を配置した緑豊かなランドスケープを持つ広大な規模の街づくりです。メインとなる64階建タワーの高さは約330mで「あべのハルカス」を抜いて日本一の超高層ビルになり、「アマン」とのパートナーシップによる都市型レジデンス「アマンレジデンス東京」日本初進出のラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」など話題も豊富。さらに、約4,000uの大規模なフードマーケットや都内最大級のインターナショナルスクール、延床面積約9,000uのミュージアムやギャラリーなどが予定されており、周辺環境に大きなインパクトを与えることになります。

計画区域は約8.1ヘクタール。中心に広場を配置した緑豊かなランドスケープを持つ広大な規模の街づくりです。メインとなる64階建タワーの高さは約330mで「あべのハルカス」を抜いて日本一の超高層ビルになり、「アマン」とのパートナーシップによる都市型レジデンス「アマンレジデンス東京」日本初進出のラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」など話題も豊富。さらに、約4,000uの大規模なフードマーケットや都内最大級のインターナショナルスクール、延床面積約9,000uのミュージアムやギャラリーなどが予定されており、周辺環境に大きなインパクトを与えることになります。

2023年
  • 出典/森ビル株式会社ホームページより(2021年10月現在)
  • ©DBOX for Mori Building Co.

グローバルビジネスに対応する国際複合都市へ。 グローバルビジネスに対応する国際複合都市へ。

2020年6月、東京メトロ日比谷線に56年ぶりの新駅「虎ノ門ヒルズ」駅が誕生しました。虎ノ門ヒルズは2014年の「虎ノ門ヒルズ森タワー」に続き、2020年1月には「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」が誕生。今後、「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」および「(仮称)虎ノ門ヒルズステーションタワー」が加わることで区域面積7.5ha、延床面積80万uに拡大し、六本木ヒルズに匹敵するインパクトを有する国際複合都市へと進化します。

2020年6月、東京メトロ日比谷線に56年ぶりの新駅「虎ノ門ヒルズ」駅が誕生しました。虎ノ門ヒルズは2014年の「虎ノ門ヒルズ森タワー」に続き、2020年1月には「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」が誕生。今後、「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」および「(仮称)虎ノ門ヒルズステーションタワー」が加わることで区域面積7.5ha、延床面積80万uに拡大し、六本木ヒルズに匹敵するインパクトを有する国際複合都市へと進化します。

虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー[徒歩11分/約830m] 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー[徒歩11分/約830m]

オフィスと商業施設を擁する地上36階建ての超高層複合タワー。東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」と地下通路で連結し、1階には空港リムジンバスや、都心部と臨海部を結ぶBRTが発着可能なバスターミナルも設置、湾岸方面や羽田空港へのアクセスも向上し、世界と都心部を繋ぐ新たな「東京の玄関口」になっています。また、これまで多店舗展開をしてこなかった名だたる東京の人気飲食店26店舗が集まる「虎ノ門横丁」をはじめ、スーパーマーケットや物販フロアなど商業空間も充実しています。

オフィスと商業施設を擁する地上36階建ての超高層複合タワー。東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」と地下通路で連結し、1階には空港リムジンバスや、都心部と臨海部を結ぶBRTが発着可能なバスターミナルも設置、湾岸方面や羽田空港へのアクセスも向上し、世界と都心部を繋ぐ新たな「東京の玄関口」になっています。また、これまで多店舗展開をしてこなかった名だたる東京の人気飲食店26店舗が集まる「虎ノ門横丁」をはじめ、スーパーマーケットや物販フロアなど商業空間も充実しています。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー (仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

「虎ノ門ヒルズ」駅と一体的に開発される都市再生プロジェクト。地上49階建、高さ約265mの超高層タワーには、基準階約1,000坪のグローバルレベルのオフィスや、広場と一体になった商業施設、国際水準のホテルなどが誕生。最上部にはビジネスイベントに対応するフォーラム、ギャラリー、レストランなどを有する多機能複合施設が予定されています。

「虎ノ門ヒルズ」駅と一体的に開発される都市再生プロジェクト。地上49階建、高さ約265mの超高層タワーには、基準階約1,000坪のグローバルレベルのオフィスや、広場と一体になった商業施設、国際水準のホテルなどが誕生。最上部にはビジネスイベントに対応するフォーラム、ギャラリー、レストランなどを有する多機能複合施設が予定されています。

  • 出典/森ビル株式会社ホームページより(2021年10月現在)
  • ©DBOX for Mori Building Co.

虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業

虎の門病院・国立印刷局・共同通信会館の機能を再編することで、国際化に対応した高機能オフィスを実現するとともに、安全で快適な歩行者ネットワークの形成を目指した再開発事業です。地上38階建のオフィスタワー1階〜3階には、店舗や多言語に対応した保育施設のほか、オフィスワーカーの日常生活をサポートする「(仮称)虎ノ門国際ビジネスセンター」の設置が予定されています。

虎の門病院・国立印刷局・共同通信会館の機能を再編することで、国際化に対応した高機能オフィスを実現するとともに、安全で快適な歩行者ネットワークの形成を目指した再開発事業です。地上38階建のオフィスタワー1階〜3階には、店舗や多言語に対応した保育施設のほか、オフィスワーカーの日常生活をサポートする「(仮称)虎ノ門国際ビジネスセンター」の設置が予定されています。

  • 出典:日鉄興和不動産株式会社ホームページより(2021年3月現在)

東京ワールドゲート[徒歩4分/約270m] 東京ワールドゲート[徒歩4分/約270m]

世界と日本のゲート機能を担うことを目指し、「快適」「洗練」「多様」「交流」をキーワードに、多彩なビジネス・交流機能を複合したプロジェクトです。その中核となる神谷町トラストタワーの高層階には、マリオット・インターナショナルの最高級グレードホテル「EDITION」が日本初登場。フィットネスやスパ、ダイニングを備え、洗練されたラグジュアリーライフスタイルを提供します。

世界と日本のゲート機能を担うことを目指し、「快適」「洗練」「多様」「交流」をキーワードに、多彩なビジネス・交流機能を複合したプロジェクトです。その中核となる神谷町トラストタワーの高層階には、マリオット・インターナショナルの最高級グレードホテル「EDITION」が日本初登場。フィットネスやスパ、ダイニングを備え、洗練されたラグジュアリーライフスタイルを提供します。

気象庁虎ノ門庁舎・港区立教育センター 気象庁虎ノ門庁舎・港区立教育センター

千代田区大手町から移転してきた気象庁虎ノ門庁舎に「港区立みなと科学館」と「気象科学館」がオープン。1階に常設展示コーナーや実験室、工作室、多目的体験ホール、2階にスクリーン径15m、席数121席のプラネタリウムホールが設けられています。また、区立幼稚園、小・中学校における学校教育の充実・振興を図る港区立教育センターも併設されています。

千代田区大手町から移転してきた気象庁虎ノ門庁舎に「港区立みなと科学館」と「気象科学館」がオープン。1階に常設展示コーナーや実験室、工作室、多目的体験ホール、2階にスクリーン径15m、席数121席のプラネタリウムホールが設けられています。また、区立幼稚園、小・中学校における学校教育の充実・振興を図る港区立教育センターも併設されています。

東京虎ノ門グローバルスクエア 東京虎ノ門グローバルスクエア

東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅直結というエリアの玄関口ともいえる立地に誕生したオフィスビルです。地上と地下には駅前広場が整備され、安全性と利便性を兼ね備えた歩行者ネットワークが形成されています。

東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅直結というエリアの玄関口ともいえる立地に誕生したオフィスビルです。地上と地下には駅前広場が整備され、安全性と利便性を兼ね備えた歩行者ネットワークが形成されています。

  • ※掲載の立地概念図は立地状況を説明するための概念図であり、建物位置・高さ・距離・縮尺等は実際とは異なります。また一部道路・施設等を抜粋して記載しています。
  • ※1(仮称)赤坂二丁目プロジェクト[2024年8月第1期竣工・開業予定、2025年10月第2期竣工予定]、出典:森トラスト株式会社ホームページより(2021年10月現在)
  • ※2虎ノ門二丁目地区第一市街地再開発事業[2023年11月竣工予定]、出典:日鉄興和不動産株式会社ホームページより(2021年10月現在)
  • ※3(仮称)虎ノ門ヒルズステーションタワー[2023年7月竣工予定]、出典:森ビル株式会社ホームページより(2021年10月現在)
  • ※4虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー[2021年竣工予定]、出典:森ビル株式会社ホームページより(2021年10月現在)
  • ※5虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業[2023年3月竣工予定]、出典:森ビル株式会社ホームページより(2021年10月現在)
  • ※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出し、端数を切り上げたものです。
  • ※掲載の環境写真は2020年10月に撮影したものです。
  • ※掲載の情報は2021年3月現在のものです。
  • ※店舗【施設】の内容等は将来変わる場合があります。
Page Top