シティテラス横濱戸塚|マンション・戸建 情報ブログ

シティテラス横濱戸塚

戸塚区ってどんなところ?

2016年10月21日(金)

エリア情報

皆様、こんにちは!

これまで美味しいお店やシティテラス横濱戸塚の魅力をブログで取り上げさせていただいていますが、今回はずばり『戸塚』そのものにスポットを当ててみたいと思います。

皆様、「戸塚」と聞いてどんなイメージをお持ちですか?
東海道の宿場町、箱根駅伝の戸塚中継所がある、などなど・・・いろいろイメージされる事があるのではないでしょうか。

そもそも「戸塚の歴史」を見てみましょう。

戸塚は、江戸時代に東海道の宿場町として栄えました。明治時代になり、東海道本線が開通し、戸塚駅が開業しました。

現在は再開発がされて街の雰囲気は変わりましたが、元々は宿場町という事もあり、いくつもの商店街がありました。
交通アクセスが良い事もあり、多くの企業が進出し、発展してきました。
現在では、ベッドタウンとして人気を集め、近年は人口が増加しています。

ちなみに、戸塚区の面積は35.7km2と横浜市では一番広い区になります。

もうひとつ、そもそも「戸塚(とつか)」の名前の由来ですが、諸説ある中の一つで、「戸塚」の地名には「富塚」「十塚」「豊塚」という三つの由来があるそうです。
その呼び名が徐々に変化していき、現在の「戸塚」になったとの事です。

その他にも、平安時代の後期、戸塚修六郎友晴及びその子孫がこの地の開発に努力したので「戸塚」と呼ぶようになった、という説もあるそうです。

歴史がある街、「戸塚」。
そこに誕生する「シティテラス横濱戸塚」にご期待ください♪

▼▼▼【シティテラス横濱戸塚】ホームページ ▼▼▼
http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/totsuka/

|東海道線 マンション|横須賀線 マンション|ブルーライン マンション|湘南新宿ライン マンション|横浜市戸塚区 マンション|すみふ横濱戸塚 | 住友不動産 | 住友不動産のマンション|戸塚駅 マンション|戸塚 マンション|東戸塚駅 マンション|戸塚 新築|