シティテラス横濱戸塚|マンション・戸建 情報ブログ

シティテラス横濱戸塚

戸塚の隠れた名所を訪ねて・第3回【戸塚競馬場跡地】

2017年02月25日(土)

エリア情報

皆さん、こんにちは!

いつも当ブログを見ていただきありがとうございます。

今回は好評いただいている、

「戸塚の隠れた名所シリーズ」第3弾!

「戸塚競馬場跡地」をレポートいたします。

戸塚競馬場は、昭和8年(1933年)12月に現在の戸塚町吉田の日立製作所や東戸塚小学校のある一帯に、第二競馬場の名のもとに神奈川県畜産組合連合会の経営で設けられた競馬場でした。
この地に競馬場が設けられたいきさつは、蒲田撮影所の環境が悪化した松竹映画が移転先候補として戸塚を検討したが、結局、大船にあった競馬場を戸塚に移し、その跡地を大船撮影所にしたことで生まれたとのこと。
一周1600m、幅]30m。収容人数9,850人の観覧席を設け、馬券は単複のみで1枚1円、無料で入場ができ、昭和8年(1933年)12月の初競馬は7日から10日まで開催されたそうです。
翌9年(1934年)3月1日の入場者は3万余人、以来4日間の入場者は20万人に達し、
おおいに賑わいを見せたそうです。

(さらに…)