2×4工法

2×4(ツーバイフォー)工法は、地震に強い!

耐震性の主なポイントは「構造」

外力を分散する「6面体構造」 ⇒ だから地震に強い!!

概念図
  • 2×4工法

    「面」で支える→力が分散→外力に強い
  • 在来工法(一般的な木造軸組工法)

    「線と点」で支える→力が点に集中→外力に弱い

高強度構造材を使用 ⇒ だから地震に強い!!

  • 在来工法を上回る壁倍率

    2×4工法は、高精度に規格化された高強度構造材を採用して堅牢な構造躯体を構成。さらに住友不動産では在来工法を上回る壁倍率の仕様を採用することで、優れた耐震性能を発揮しています。

  • ※構造計算により、壁倍率を変更する場合があります。

接合金物で構造材を緊結 ⇒ だから地震に強い!!

  • 構造躯体の接合強度を高める金物を使用

    接合強度にすぐれた構造用金物を用いて各構造材を強固に緊結。地震や台風などの外力が加わった際のゆがみや変形に配慮し、一体化した堅牢な構造躯体を構成しています。

  • イメージ写真

※物件により一部仕様が異なる場合があります。詳しくは係員にお問い合わせください。