長期優良住宅

「長期優良住宅」の優遇税制について

こんなにあります!長期優良住宅の「優遇税制」

※ 優遇税制の適用には諸条件を満たす必要があります。詳しくは係員にお問い合わせください。

「住宅ローン減税」の最大控除額は500万円です。

※ 国交省HPより(2021年1月現在)
※ 将来、税制については変更の可能性があります。
※2 住宅ローンを利用してマイホームを購入した場合に、一定期間にわたりローンの残高の一定割合が所得税から控除されるというものです。※3 建物購入価格(※4)が3,000万円で2021年11月30日までに契約、2022年12月31日までに入居した場合。※4 建物購入価格には土地代を含みません。【適用条件】■住宅を取得後、6カ月以内に入居し、控除を受ける各年の12月31日まで引き続いて住んでいること■床面積(登記簿面積)が40平米以上で床面積の2分の1以上が自己居住用であること■控除を受ける年の合計所得金額が3,000万円(給与所得のみの場合は年収が約3,245万円。床面積(登記簿面積)が50平米未満の場合は合計所得金額1,000万円)以下■取得した年とその前後2年間(通算5年間)に、居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例などを受けていないこと■住宅ローンは、建物および敷地を取得するための返済期間10年以上の分割して返済するローンであること(金利が年0.2%未満の社内融資や、親や親戚から個人的に借りる場合などは対象外)■住宅ローン減税を受けるには、確定申告が必要です。■上記は適用条件の概要であり、詳細は所轄税務署にお問い合わせください。