木造軸組工法

住友不動産の木造軸組工法は、地震に強い!

耐震性の主なポイントは「構造」

「軸組」+「面」の堅牢構造 ⇒ だから地震に強い!!

  • 住友不動産の木造軸組工法

    力が分散

    「住友不動産の木造軸組工法」は、軸組+面の強固なハイブリッド構造。地震などの外力をバランスよく分散し、変形しにくい構造です。

  • 在来工法(一般的な木造軸組工法)

    力が点に集中

    柱や梁などの軸組で構成される工法です。地震などの外力が接合部に集中しやすく、ねじれ・ゆがみが生じます。

1・2階とも剛床構造を採用 ⇒ だから地震に強い!!

  • 壁と床を強固に一体化して家全体の耐震性を強化

    1・2階の床面にひときわ厚い約24mmの構造用合板を使用。直接梁や根太にとめ、壁と床を強固に一体化させた剛床構造としました。地震時の揺れを点ではなく面で受け止めて水平荷重を分散し、すぐれた耐震性能を発揮します。

  • 剛床構造

    剛床構造にすることにより、水平剛性を高め、ねじれに強くなります。

  • 一般的な住宅

    床の剛性が低い場合、地震などの際にねじれが生じやすくなります。

接合部の強度を高め、耐震性アップ。

  • 軸組接合部を接合金物で緊結
  • 一般的な軸組工法の接合法では、構造材自体の大きな断面欠損が強度不足の原因。住友不動産の構造用接合金物は欠損面積を大幅に抑え、一般的な軸組工法に比べ接合部強度が約1.5倍※アップします。
    ※数値は最大値の比較であり、金物の種類によって異なります。

  • 木造軸組工法と在来仕口との強度比較
  • ※物件により施工方法は異なります。詳しくは係員にお尋ねください。

※物件により一部仕様が異なる場合があります。詳しくは係員にお問い合わせください。