「新宿」駅約2.8km、再開発が進む2拠点に近接する注目のエリア。 「新宿」駅約2.8km、再開発が進む2拠点に近接する注目のエリア。

JR「新宿」駅まで直線距離で約2.8km※1、最寄りの「東中野」駅からJR中央・総武線利用で直通5分。拡大を続ける巨大都市「新宿」の躍動を感じられるロケーションです。さらに、駅周辺で活発な再開発が進む「中野」駅も徒歩圏にあり、活性化する2拠点を生活圏にできる注目のエリアです。

JR「新宿」駅まで直線距離で約2.8km※1、最寄りの「東中野」駅からJR中央・総武線利用で直通5分。
拡大を続ける巨大都市「新宿」の躍動を感じられるロケーションです。
さらに、駅周辺で活発な再開発が進む「中野」駅も徒歩圏にあり、活性化する2拠点を生活圏にできる注目のエリアです。

広域概念図 「中野」駅まで徒歩15分+「新宿」駅まで直通5分 「中野」駅まで徒歩15分+「新宿」駅まで直通5分

東京の新たなエネルギーを生み出す活動拠点NAKANO東京の新たなエネルギーを生み出す活動拠点NAKANO

中野セントラルパーク パークアベニュー
中野セントラルパーク パークアベニュー(約1,370m・徒歩18分)

新宿、東京に直結する優れたアクセスを備えた「中野」駅周辺では、都市再生を軸としたグローバルビジネス拠点の形成や、集客力と発信力のある都市活動基盤を構築。ビジネス・商業・潤いが調和した都市として発展を続けています。

新宿、東京に直結する優れたアクセスを備えた「中野」駅周辺では、
都市再生を軸としたグローバルビジネス拠点の形成や、
集客力と発信力のある都市活動基盤を構築。
ビジネス・商業・潤いが調和した都市として発展を続けています。

拡大を続ける東京の中枢都市SHINJUKU拡大を続ける東京の中枢都市SHINJUKU

東京都庁
東京都庁(約3,010m)

1,000万人都市※2「東京」の都庁を擁する東京のメトロポリス。東口は都内屈指の規模の繁華街、西口は超高層ビルが林立する都内有数のビジネス街となっており、東京都庁や数多くの企業が拠点を置いています。

1,000万人都市※2「東京」の都庁を擁する東京のメトロポリス。
東口は都内屈指の規模の繁華街、西口は超高層ビルが林立する都内有数のビジネス街となっており、東京都庁や数多くの企業が拠点を置いています。

  • ※1 「新宿」駅まで約2.8kmは、現地から「新宿」駅西口まで地図上の概測直線距離です。
  • ※2 東京都の人口(推計)13,951,636人 出典:東京都ホームページ(2020年1月現在)
  • ※掲載の所要時間は日中平常時(カッコ内は通勤時)の目安であり、時間帯により多少異なります。また、待ち時間・乗り換え時間を含みません。
  • ※タクシー料金は、初乗り410円の普通車(中型車)を日中時(深夜時は22時〜5時)に一般道で利用した場合の参考例です。タクシー会社・走行ルートおよび交通状況によって料金は異なります。タクシーサイトより(2020年5月調べ)
  • ※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出し、端数を切り上げたものです。
  • ※掲載の広域概念図は一部道路・施設等を抜粋して表記しています。
中野の再開発

「中野四季の都市」が象徴する新しい街に向けて再開発計画が進行中。「中野四季の都市」が象徴する新しい街に向けて再開発計画が進行中。

中野駅を中心とする約110ヘクタールのエリアは「東京の新たなエネルギーを生み出す活動拠点」と位置づけられ、大規模なまちづくりが進められています。

中野駅を中心とする約110ヘクタールのエリアは「東京の新たなエネルギーを生み出す活動拠点」と位置づけられ、大規模なまちづくりが進められています。

中野駅周辺再開発概念図

中野四丁目

[A]中野区新庁舎整備事業

現中野体育館敷地に中野区役所、中野区議会等の機能を備えた新しい区庁舎が整備される予定です。

現中野体育館敷地に中野区役所、中野区議会等の機能を備えた新しい区庁舎が整備される予定です。

  • 完成時期:2024年6月竣工予定
  • 出典:中野区ホームページ
    (2020年5月現在)
中野新区役所イメージ図
●中野新区役所イメージ図
※この図はイメージであり、確定した内容ではありません。 (提供:中野区)

[B]囲町東地区第一種市街地再開発事業

市街地再開発事業により業務・商業・住宅機能および道路を整備。

市街地再開発事業により業務・商業・住宅機能および道路を整備。

  • 完成時期:2023年度完了予定
  • 出典:東京都都市整備局ホームページ
    (2020年5月現在)
囲町東地区第一種市街地再開発事業イメージ図
●囲町東地区第一種市街地再開発事業イメージ図(提供:中野区)
中野囲町東地区イメージ図
●中野囲町東地区イメージ図(提供:中野区)

中野駅

[C]   中野駅西側南北通路・橋上駅舎等事業

駅の混雑解消等を目的とし、中野駅西側南北通路・橋上駅舎・駅ビルからなる道路一体建物の整備を行い、西口改札を開設。ホームエレベーターの設置等、駅構内施設のバリアフリー化を図ります。

駅の混雑解消等を目的とし、中野駅西側南北通路・橋上駅舎・駅ビルからなる道路一体建物の整備を行い、西口改札を開設。ホームエレベーターの設置等、駅構内施設のバリアフリー化を図ります。

  • 完成時期:2026年度開業予定 出典:中野区ホームページ(2020年5月現在)
中野駅西側南北通路イメージ図
●中野駅西側南北通路イメージ図(提供:中野区)
中野駅新駅舎イメージ図
●中野駅新駅舎イメージ図(提供:中野区)

中野三丁目

[D]中野三丁目地区土地区画整理事業

中野三丁目地区では、街区の再編や道路整備による面的なまちづくりを実施。桃丘小学校跡地を事業用地として活用します。

中野三丁目地区では、街区の再編や道路整備による面的なまちづくりを実施。桃丘小学校跡地を事業用地として活用します。

  • 完成時期:2024年3月完了予定
  • 出典:中野区ホームページ
    (2020年5月現在)
西口駅前広場イメージ図
●西口駅前広場イメージ図(提供:中野区)

中野駅

[E]中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

駅から中野五差路につながる一帯では、再開発などにより業務・商業・住宅・公共公益機能の集積を図り、南口のにぎわいの核を形成します。

駅から中野五差路につながる一帯では、再開発などにより業務・商業・住宅・公共公益機能の集積を図り、南口のにぎわいの核を形成します。

  • 完成時期:2025年度完了予定 出典:中野二丁目地区市街地再開発組合/住友不動産株式会社ニュースリリース(2020年3月30日)
中野二丁目第一種市街地再開発事業 外観完成イメージパース
●中野二丁目第一種市街地再開発事業 外観完成イメージパース(提供:住友不動産)

[F]中野二丁目土地区画整理事業

中野駅南口の「新たな業務・商業の集積と生活・コミュニティの核」に位置付けられています。

中野駅南口の「新たな業務・商業の集積と生活・コミュニティの核」に位置付けられています。

  • 完成時期:2026年3月完了予定
  • 出典:中野区ホームページ
    (2020年5月現在)
南口駅前広場イメージ図
●南口駅前広場イメージ図(提供:中野区)
新宿の再開発

国際戦略特別区域の指定を受けさらなる発展を遂げる新宿。

1970年代に日本初の高層ビル群となった新宿駅西口は国際戦略総合特別区域(アジアヘッドクォーター特区)の指定を受けてさらなる進化を加速させています。近年では「バスタ新宿」と「NEWoMan」により、駅前の風景が変貌を遂げました。

1970年代に日本初の高層ビル群となった新宿駅西口は国際戦略総合特別区域(アジアヘッドクォーター特区)の指定を受けてさらなる進化を加速させています。近年では「バスタ新宿」と「NEWoMan」により、駅前の風景が変貌を遂げました。

西新宿再開発概念図
特定都市再生緊急整備地域+アジアヘッドクォーター特区(国際戦略総合特別区域) 特定都市再生緊急整備地域+アジアヘッドクォーター特区(国際戦略総合特別区域)

特定都市再生緊急整備地域は、全国52地域ある都市再生緊急整備地域の中でも緊急かつ重点的に整備を推進させる13地域のことで、新宿駅周辺地域はそのひとつに選定されました。これを受けて東京都は、本地区を外国企業誘致プロジェクト「アジアヘッドクオーター特区」を策定しました。新宿駅周辺地域は、国家と都による都市再生推計画を受けて、今後もさまざまな開発が進められてゆく都内でも数少ないエリアとなっています。

出典:内閣府ホームページ(2020年7月)

[A]西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

都市開発事業により防災性の向上を図るとともに、居住・業務・商業等多様な機能を備え、周辺環境との調和に配慮した複合市街地の整備による生活利便性の向上、定住化の支援、子供を安全に安心して育てられる環境の形成を図ります。

都市開発事業により防災性の向上を図るとともに、居住・業務・商業等多様な機能を備え、周辺環境との調和に配慮した複合市街地の整備による生活利便性の向上、定住化の支援、子供を安全に安心して育てられる環境の形成を図ります。

  • 完成時期:2023年3月竣工予定
  • 出典:新宿区ホームページ
    (2020年7月現在)
複合棟外観完成予想図
●複合棟外観完成予想図

[B]新宿中央公園魅力向上推進プラン

憩いと賑わいがあり、誰もが足を運びたくなる公園を目指して、眺望スポットづくりや、芝生広場の改良、カフェ・レストラン等の出店等が予定されています。

憩いと賑わいがあり、誰もが足を運びたくなる公園を目指して、眺望スポットづくりや、芝生広場の改良、カフェ・レストラン等の出店等が予定されています。

  • 対象期間:2017年度から概ね20年後まで
  • 出典:新宿区ホームページ
    (2020年7月現在)

[C]新宿駅東西自由通路整備

東口と西口を結ぶ東西自由通路が完成。東西方向の歩行者の回遊性が高まり、駅周辺の魅力あるまちづくりや歩行者ネットワークの形成が期待されます。

東口と西口を結ぶ東西自由通路が完成。東西方向の歩行者の回遊性が高まり、駅周辺の魅力あるまちづくりや歩行者ネットワークの形成が期待されます。

  • 完成時期:2020年7月竣工
  • 出典:JR東日本ホームページ
新宿駅東西自由通路イメージイラスト
●新宿駅東西自由通路イメージイラスト(提供:JR東日本)

新宿住友ビルに全天候型イベント空間

新宿住友ビルのリニューアルに並行して、最大天井高25メートル、最大収容人数約2,000人の全天候型イベント空間「三角広場」が誕生しました。

中野三丁目地区では、街区の再編や道路整備による面的なまちづくりを実施。桃丘小学校跡地を事業用地として活用します。

  • 完成時期:2020年7月オープン
  • 出典:住友不動産ホームページ
    (2020年7月現在)
新宿住友ビル 外観完成予想図
●新宿住友ビル 外観完成予想図
新宿住友ビル 三角広場完成予想図
●新宿住友ビル 三角広場完成予想図
  • ※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出し、端数を切り上げたものです。
  • ※掲載の情報は2020年7月現在のものです。※店舗・施設の内容等は将来変わる場合があります。
  • ※掲載の西新宿再開発概念図は立地状況を説明するための概念図であり、建物位置・高さ・距離・縮尺等は実際とは異なります。
  • ※掲載の地図は一部道路・施設等を抜粋して表記しています。
Page Top