第一種低層住居専用地域の高台に暮らす。

美しく整った街並みに、静穏な住環境が保たれている下目黒6丁目。
高台に広がる第一種低層住居専用地域の邸宅街として、都内有数の矜持を宿しています。

POSITION

暮らしに安らぎをもたらす閑静な第一種低層住居専用地域。

目黒通りから約180m奥まった、都市の喧噪を遠ざける閑静な第一種低層住居専用地域。
本プロジェクトはこのエリア内にあって、静けさに包まれる安らぎの邸宅街に誕生します。

目黒区用途地域概念図
  • ※掲載の用途地域図は一部道路・施設等を抜粋して表記しています。 ※掲載の用途地域概念図は、目黒区の用途地域図を基に引用したものです。 ※用途地域・周辺環境は将来変わる場合があります。
第一種低層住居専用地域とは

本プロジェクトの所在する第一種低層住居専用地域とは、建物の高さや建物の用途などに厳しい規則が定められている地域です。特に、指定地域には工場や事務所だけでなく、パチンコ店などの遊戯施設や風俗施設といった住環境を悪化させる施設の建設が厳しく制限されています。また、高さ制限のある低層住宅地であるため、良好な住環境が守られている地域だと言えるでしょう。

Image photo
Image photo

安定感のある高台に位置する下目黒6丁目の邸宅街。

目黒川から緩やかな坂を登った先に広がる高台。
本プロジェクトの誕生地、下目黒6丁目周辺は、安定した地盤といわれている
武蔵野台地の一角である目黒台地に位置しています。

高低差概念図
目黒区最大規模の低層レジデンス(第一種低層住居専用地域を含むエリア内)

本プロジェクトは、都内有数の邸宅街である目黒区にあって、恵まれた住環境の第一種低層住居専用地域内に8,465.5uの広大な敷地を得て、「目黒区×第一種低層住居専用地域」として、1997年以降で最大規模となる<195邸>の「大規模レジデンス」として誕生します。

また目黒区アドレスでは、1997年以降で第一種低層住居専用地域が含まれる敷地面積8,000u以上の大規模物件は、本プロジェクトと住友不動産「シティテラス下目黒(2013年竣工)」の2物件のみとなっています。

  • ※MRC調べ(2019年6月 対象期間:1997年1月〜2019年5月15日までのMRC調査・捕捉に基づく分譲マンションデータ
  • ※掲載の高低差概念図は現地を基準とした直線ライン上の一部施設を抜粋した概念図であり、眺望を保証するものではありません。また、建物の位置・高さ・距離・縮尺等は実際とは異なり、周辺環境・眺望は将来変わる場合があります。
  • ※掲載の外観完成予想図は設計図書を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合があります。また、形状の細部および設備機器等については省略しております。
  • ※敷地内の樹木等はある程度生育した後をイメージして描いたものです。また葉や花の色合い、樹形等はイメージであり実際とは異なります。なお、植栽は今後変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • ※外構・植栽計画は今後変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • ※周辺環境・眺望は変わる場合があります。
  • ※掲載の写真は2014年6月〜2019年6月撮影。
  • ※1 標高約28m/掲載の標高は「国土地理院ウェブサイト」にて検索(2019年8月現在)したものです。(計測値[現地]目黒区下目黒6-12)
Page Top