TOP
コンセプト
デザイン
間取り
アクセス
現地案内図
物件概要
マンション情報ブログ
FAQ
来場予約
オンライン見学会予約
資料請求(無料)
TOP
  • キッチン
  • サニタリー
  • セキュリティ・プライバシー
  • メンテナンス・収納
  • ユニバーサルデザイン
  • エコ・省エネ仕様
  • マルチメディア
  • 快適提案

セキュリティ・プライバシー

住友不動産の24時間オンラインセキュリティシステム S-GUARD(エスガード)

24時間オンライン体制で、セントラル警備保障(株)(CSP)指令センターにつながっています。各住戸でのガス漏れ、非常ボタン、防犯センサー(一部住戸のみ)および各住戸、共用部での火災による警報が発信されると、セントラル警備保障(株)の警備員が現場に急行し、必要な通報などの対応を致します。また、警備業務明細書の規定に従い、事前にお預かりした専有部の鍵を使用した住戸内での対応、共用部設備の異常信号を受信した場合の現地確認等、迅速かつ適切な対処に貢献します。

参考写真・概念図

来訪者を3段階でチェックして不審者の侵入対策を強化 ダブルオートロックシステム

参考写真・概念図一般のマンションに比べ不審者の侵入対策を強化し、主な来訪者のアプローチ上の2ヶ所にオートロックシステムを採用しました。グランドエントランスホール前・センターエントランスホール前・ノースエントランスホール前にいる来訪者を住戸内インターホン(親機)で音声と映像で確認した後にオートロックを解錠。さらに1階共用廊下前でも同様にチェック。住戸前のセキュリティを加え3段階のチェックで、不審者の侵入対策を強化しています。またお留守の時の来訪者も確認できる録画録音機能もついています。

二重の錠で防犯性を高める ダブルロック

参考写真・概念図防犯性を高めるため、玄関ドアは上下2ヶ所で施錠できるダブルロック仕様としました。不正に解錠しようとしても時間がかかるため、犯罪の未遂率が高まるとされています。

暴力的なドア破壊に対応 鎌デッド錠

参考写真・概念図枠と扉の間にバールなどを差し込んで解錠する、こじ開けの手口への対策として、玄関ドアのカギを施錠すると鎌状の金具がせりだす鎌デッド錠を採用しました。

共用部の防犯性に配慮した 防犯カメラ

参考写真・概念図エントランスやエレベータ内、外構等の共用部に防犯カメラを設置。不審者の侵入や犯罪を抑制するとともに、24時間録画される画像は、一定期間保管されます。

エレベーター以外はレンタルとなり、費用等は管理費に含まれます。

安心で快適な エレベーター

エレベーターには、防犯カメラを設置し、さらに緊急時には非常呼出しボタンにより、インターホンによる通話ができます。

高い防犯性能を発揮する 防犯合わせガラス

参考写真・概念図一部住戸の窓には、防犯合わせガラスを使用。2枚のガラスの間に挟まれた特殊中間膜(フィルム)がガラス破りによる侵入防止に効果を発揮します。また、ガラスの飛散や落下の危険性も少ないので安全性にも優れています。

詳細は係員にお尋ねください。

警報で侵入を知らせる 防犯センサー

接地階住戸の窓および、ルーフバルコニー付住戸のルーフバルコニーに面する窓、2階の一部住戸の一部窓には防犯センサーを設置※面格子の付く窓とFIX窓を除く。防犯セットしている間に防犯センサーが設置された開口部が開けられると、センサーが反応し、住戸内インターホンと玄関前インターホン(子機)より警報が鳴り、室内外に異常をお知らせするとともに、管理事務室を経由して信号が警備会社、住友不動産建物サービス設備管理センターへ自動通報されます。

ピッキングなどの不正解錠に配慮した ディンプルキー

参考写真・概念図各住戸の玄関キーは、ピッキングなどの不正解錠への対応を強化したリバーシブルタイプのディンプルキーを採用しています。

ピッキング/特殊な工具(針金状の金属棒)を鍵穴に差し込んで錠を開ける手口。こじ開けられた錠前には何の痕跡も残らないため、一見して被害にあったと気づきにくいのが特徴です。

使いやすさと防犯性を兼ね備えた 防犯サムターン

参考写真・概念図工具をドアの内側に入れサムターンを回してしまう不正解錠に対応したスイッチ式防犯サムターン(上部1ヶ所)を採用しました。

来訪者を安全に確認できる ドアガード・ドアスコープ(メガネカバー付)

参考写真・概念図玄関ドアにはドアガードを設置。ペンチなどで切断される恐れが少なく、不正侵入から住まいをガードします。また、ドアの前にいる人を確認できるドアスコープも設けており、外部からの在室確認が出来ないように、メガネカバーが設置されています。

プライバシー

軽量床衝撃音の軽減に効果のある 儉L(T)-4等級の直貼フローリング

スプーンの落下などの際に発生する軽量床衝撃音への対策として儉L(T)-4等級相当(メーカー表示)の遮音性能を備えたフローリングを採用し、生活音の伝わりに配慮しました。※遮音性能値(儉等級)は、JISで定められた測定方法で測定した値であり、実際の住戸内での遮音性を示すものではありません。

同レベルの音であっても生活する時間帯などにより、音の感じ方には個人差があります。本建物では遮音性に配慮しておりますが、居住者様がお互いに音に対するマナーを守り、快適なマンションライフをお過ごしいただくことが大切となります。

隣戸との遮音性に配慮した 戸境壁

参考写真・概念図住戸間の戸境壁は、鉄筋コンクリート造とし、厚さ約220o〜約260oを基本としています。これは、日本産業規格が定める遮音等級Rr-50以上を確保した仕様で、隣接住戸との遮音性に配慮しています。

「Rr」とは、日本産業規格に規定する音響透過損失等級(空気伝搬音の遮断の程度)を表す指標で、例えば住宅品質法の性能表示制度では「Rr-50等級以上」の場合には、4等級中上から2番目の等級3(「優れた空気伝搬音の遮断性能が確保されている程度」)に位置付けられています。

遮音性に配慮した 間仕切り壁

参考写真・概念図住戸内の間仕切り壁は厚さ約9.5oのプラスターボード貼としていますが、居室(リビング・ダイニング・洋室)が直接バスルーム・パウダールーム・トイレ・キッチンと接する場合は、ボード下地材間にグラスウールを充填し、遮音性に配慮しています。

一部除く。詳細は係員にお尋ねください。

生活音、振動の伝わりに配慮 床スラブ厚

参考写真・概念図重量床衝撃音対策として、住戸間のコンクリートスラブ厚は約200oを確保しています。

同レベルの音であっても生活する時間帯などにより、音の感じ方には個人差があります。本建物では遮音性に配慮しておりますが、居住者様がお互いに音に対するマナーを守り、快適なマンションライフをお過ごしいただくことが大切となります。

  • 掲載の参考写真1は、メーカーカタログ等の参考写真であり、本物件のものではありません。
  • 掲載の参考写真2は、本物件と同等仕様のモデルルーム(シティテラス八千代緑が丘ステーションコート)を撮影したもので、本物件のものではありません。
  • 設備・仕様はタイプにより異なります。
Page Top

来場予約

オンライン見学会予約

資料請求

  • キッチン
  • サニタリー
  • セキュリティ・プライバシー
  • メンテナンス・収納
  • ユニバーサルデザイン
  • エコ・省エネ仕様
  • マルチメディア
  • 快適提案
0120-068-618 現地案内図 資料請求 来場予約 Menu

資料請求

来場予約

オンライン見学会予約