MENU

CONCEPT

外観完成予想図
外観完成予想図
茶臼山百年の一期、十年の一会。
天王寺公園、 慶沢園、 大阪市立美術館、
天王寺動物園のある、 住友家縁の地に
179邸の25階建て タワー誕生。

純日本風の庭園として知られる慶沢園は、
京都から住友家がこの地に移った際、約10年をかけて本邸(茶臼山邸)とともに造園した庭です。
この庭園の設計・施工を担当したのは、当時の高名な庭師であった「植治」こと小川治兵衛。
治兵衛は山縣有朋の無鄰菴を手掛けて以来、京都を中心に活躍し、
日本の近代造園史に大きな足跡を残しました。
その作品の多くは、国や京都市の名勝などに指定されています。
1925年(大正14年)に住友家本邸が神戸に移転したことで、
慶沢園に隣接する旧本邸敷地(現・大阪市美術館)は、茶臼山邸とともに大阪市へ寄贈されました。
その後約100年の年月を経て、住友家縁の地に、住友不動産によって
25階建てタワー(総戸数179戸)が誕生します。
天王寺の都市と自然の最前列に位置する「シティタワー天王寺」。
Osaka Metro御堂筋線「天王寺」駅徒歩5分圏物件としては、実に10年ぶりとなります。

Osaka Metro御堂筋線 「天王寺」駅徒歩5分圏内で
20階以上の分譲マンションとして 10年ぶりの快挙。

※1:「天王寺茶臼山 百年の一期、十年の一会。」とは、完成100年を超える日本庭園「慶沢園」のある天王寺区茶臼山町に、住友不動産の分譲マンションが建築されることを意味しています。また、Osaka Metro御堂筋線「天王寺」駅徒歩5分圏内とする地上20階建て以上の超高層分譲マンションが供給されるのが、2010年以来10年ぶりということを意味しています。対象期間:1996年4月から2020年9月までの不動産経済研究所調査・捕捉に基づく分譲マンションデータ。出典:不動産経済研究所調べ。
※掲載の外観完成予想図は、現地より西へ約180mから東方向を撮影した写真 (2020年6月撮影)に、計画段階の図面を基に描き起こした建物完成予想図をCG合成・加工したもので、実際とは異なります。また、形状の細部および設備機器等については省略しております。 周辺環境は将来変わる場合があります。
※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出し、端数を切り上げたものです。
※掲載の情報は2020年9月現在のものです。

Page Top

物件に関するお問い合わせはこちら

▼お電話でのお問い合わせ▼

お問い合わせは
「住友不動産 シティタワー天王寺」

0120-048-854

営業時間/平日 午前11時〜午後7時
土・日・祝 午前10時〜午後7時
(火・水曜定休、年末年始は休業)

▼メールでのお問い合わせ▼

chausuyama@j.sumitomo-rd.co.jp

資料請求

来場予約

0120048854 現地案内図 資料請求 来場予約 Menu