航空写真

神戸開港150年記念プロジェクト※1始動。

2017年のメリケンパークリニューアルを機に、神戸港の壮大な再生プロジェクトは始まりました。
モニュメント“BE KOBE”に象徴されるウォーターフロントゾーン、
その賑わい覚めやらぬ2023年に、新生神戸港は次のヴェールを脱ぎます。
「新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業」が満を持しての始動です。

  • メリケンパーク
    (W:約570m/徒歩8分、E:約710m/徒歩9分)

  • スターバックスコーヒー神戸メリケンパーク店
    (W:約1,000m/徒歩13分、E:約1,140m/徒歩15分)

  • メリケンパーク
    (W:約570m/徒歩8分、E:約710m/徒歩9分)

いよいよ動き出す、新たなフェーズ。
「新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業」※1

かつてない規模で進化を遂げる神戸都心とその海辺。
そして海辺の次なるフェーズこそ、「ベイシティタワーズ神戸」を含む総面積約26,000uに及ぶ大規模複合開発です。
水族館などの文化施設棟やGLION棟・フェリシモ棟のオフィスや
商業施設、緑地広場などの賑わいと憩いを生むゾーニング、
贅を尽くしたツインタワーレジデンスによる一大プロジェクト。
貿易港として三宮を支えてきた海辺に「住む・働く・遊ぶ」の全てを叶える新街区が誕生します。

都心・三宮再整備 KOBE VISION※2で、
「進化する神戸」。

REDEVELOPMENT

訪れ、働き、住みたくなるまち、そして発展し続けるまちを目指すKOBE VISION。
その先に見据える未来都市には緑と広場の憩いがあり、環境や災害に配慮された安心がある。
高層マンションは高さ制限※3を受け、街に描かれるのは神戸らしい美観。
そして、駅から海へかけて回遊性と魅力を高めた三宮一帯は「歩く人が主役のまち」へと生まれ変わります。

神戸の新時代は海へ向かう。

「歩く人が主役のまち」となる次世代の三宮。
駅の東側には西日本最大級※2のバスターミナルを構え、
駅前空間には駅と街をつなぐ神戸の新たな顔「三宮クロススクエア」が整備されます。
海への歩行ルートは、葺合南54号線のリデザインによって回遊性を得て、東遊園地の緑へと通じます。
その先に待ち受けているのが「ウォーターフロントゾーン」。
三宮の海辺は、世界に先駆けた神戸文化の発信地として、次のステージを迎えます。

開発概念図

※出典:神戸市ホームページ「都市再生緊急整備地域」より(2020年10月現在)

完成予想図

1

西日本最大級※2バスターミナル。
「雲井通5丁目地区再整備事業」

6箇所に分散していたバス乗降場を集約する巨大なターミナルが誕生予定。文化・芸術・ビジネスなどの機能を集積したビルの整備も計画されるなど、神戸を活性化させる新たな拠点として大きな期待が寄せられています。

※(仮称)神戸三宮雲井通5丁目地区都市再生事業:2026年度完成予定。
※出典:「神戸市」ホームページより(2020年10月現在)

完成予想図

2

三宮のレガシーをリニューアル。
「神戸阪急ビル東館建替計画」

1936年から長く親しまれてきた駅ビルの建て替え事業。低層階は旧ビルのデザインを継承し、最上階には展望フロアを設ける予定です。再生する三宮のレガシーは、産業だけでなく公共的空間としての機能もリニューアルし、これからも地域に愛されてゆくことでしょう。
用途:オフィス・ホテル・店舗・駅施設・展望フロア等2021年春完成予定

※2021年春竣工予定。
※出典:「阪急電鉄株式会社」ホームページより(2020年10月現在)

完成予想図

3

三宮駅と街をつなぐ核。
「三宮クロススクエア」

神戸の象徴となる新しい三宮駅前空間。周辺の街の特性を活かし、地域の方々とともに、神戸の顔にふさわしい空間・日常的な賑わい・ひとが集い憩う通り・山を望み海へとつながる場所づくりを進めています。

※第1段階:2025年完成予定、第2段階:2030年完成予定。
※出典:「神戸市」ホームページより(2020年10月現在)

完成予想図

4

憩いをデザインする都市空間。
「東遊園地再整備」

三宮の緑の憩いと賑わいを育んできた東遊園地。再整備に伴い、街と海をつなぐ回遊性の向上や、日常的にくつろげる芝生広場の整備、安藤忠雄氏の寄付による図書館「こども本の森 神戸」の設置が予定されています。

※東遊園地北整備基本設計:2023年夏完成予定。
※「こども本の森 神戸」:2021年12月完成予定。
※出典:神戸市ホームページより(2020年10月現在)。

葺合南54号線 image photo

5

都心部からウォーターフロントエリアへ誘う道路のリデザイン。
「葺合南54号線の整備」

都心とウォーターフロントエリアを結ぶ、全約750mの主要道路である葺合南54号線。車線を減らし歩道を広げ、ベンチや花壇などの憩い空間を設けるなど、歩く人を中心とした整備が行われています。

※葺合南54号線54号線道路改良工事(その4):2020年6月完成
※出典:「神戸市」ホームページより(2020年10月現在)

神戸らしい美しい景観を守る為の住宅規制

神戸市は、瀬戸内海と六甲山に囲まれた神戸らしい美観を守り、都心の魅力と景観の維持・向上を図るため、建築物の高さなどの規制に取り組んでいます。広範囲に及ぶ都心機能活性化地区内においては、建物の容積率が400%までに制限されるので、タワーマンションの建設が難しくなります。



※3:出典:神戸市HP「神戸の都心の未来の姿[将来ビジョン]」平成27年9月、「神戸市民の住環境等をまもりそだてる条例」2019年7月一部改正分より(2020年10月現在)

エリア概念図

CONTACT FORM
  • 物件エントリー
  • 来場予約

※1:本物件は神戸開港150年記念プロジェクト:新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業地区内にあり、地区内において全体街区公共施設の地上デッキ・緑地広場等、および分譲対象外である神戸ポートミュージアム・神戸新港町駐車場・GLION Awa-s Building・STAGE FELISSIMO等の整備が行われております。[事業期間:2019年5月〜2024年9月予定]整備後において本物件の住環境(眺望・通風・車輌交通量・騒音等)に影響が生じる場合があります。また、整備工事ならびに工事車輌の通行等により、騒音・振動・粉塵等が生じる場合があります。
※2:出典:「都心・三宮再整備KOBE VISION(神戸市都心再整備本部都心三宮再整備課)」ホームページより(2020年10月現在)。
※掲載の航空写真はみなとのもり公園上空から西方面を撮影(2019年6月)したものに光などCG合成・加工をしたものです。また、周辺環境は将来変わる場合があります。
※掲載の外観完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたものに車等をCG合成したもので、実際とは多少異なります。また、形状の細部および設備機器等については省略しております。
※敷地内の樹木等はある程度生育した後をイメージして描いたものです。また、葉や花の色合い、樹形等はイメージであり実際とは異なります。なお、植栽計画は変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※掲載の開発概念図は現地付近上空から撮影(2019年6月)したものに、「都心・三宮再整備KOBE VISION」などをCG合成・加工したものです。また、周辺環境は将来変わる場合があります。
※距離表示については地図上の概測距離で、端数を切り上げたものです。(凡例:W=ウエスト、E=イースト)
※掲載の写真は2019年9月撮影。また、掲載の情報は2020年10月現在のものです。

0120700387現地案内図資料請求来場予約Menu